スポンサードリンク

空き巣対策と立地条件

ごく普通に考えますと空き巣を行う悪い奴だって一応は捕まらないように真剣に考えて空き巣に入りますから、やはり空き巣に入りやすそうな地域とか家を狙うのでありまして、たぶん想像するに金目の物が有りそうだって条件と合致した時に、忍び込む可能性が高くなるのでは無いでしょうかね?

ただ私が勝手に想像するに、不動産価格とか価値ってのは駅からの距離だとか都道府県市など所在地だとか、全体的な相場だとかそーゆー部分で価格や価値が形成されているのでありまして、人通りが少なくて空き巣に入られやすいとかって部分が価格に反映する事は少ないように思いますね。

ですから特に住居用に一戸建てとかの不動産を選ぶような場合ですと特に、空き巣に入られやすそうだとか安全性が高そうだとかって立地条件も物件選びの要素の一つにすべきだと思いますし、購入価格が高いとか安いの要素に空き巣に入られるかどうかって部分はとても低いと思いますから、結構真剣に空き巣目線で物件を選ぶのが良いのでは無いでしょうかね?

なにせ一度空き巣に入られましたら、家の中は引っかき回されてしまって悲惨な状態らしいですし、プロの空き巣狙いの仕事にもなりますと、隠しておいたへそくりの現金から貴金属から金目の物や換金しやすい物はすっかり持って行かれてしまいまして、すぐに数十万円から百万円を超える被害額になってしまうのも珍しく無いようですので、もしかしたら駅から歩く時間が10分延びてしまっても空き巣に入りにくいような立地条件の不動産を探したほうが良いかもしれないですよね。

まぁ私は空き巣狙いはやったことがないので少々違うのかも知れませんけど、仮に空き巣に忍び込むと仮定して選択の旅に出ると致しましたら、やっぱり四方が壁に囲まれていて一旦入ってしまえば外から中の様子が分からないとか、袋小路になっている場所は逃げる時に難しいので避けて細かい道路が入り組んでいるところを狙おうとか、どうもこの地域は犬が多いし近所付き合いが結構有りそうだから止めようだとか、自分が空き巣狙いになった気持ちで真剣に考えて検討しますと、色々浮かんでくるのでは無いでしょうかね?

そーいえば本当か嘘かは知りませんけど、どっかのテレビ番組で元ベテランの空き巣狙いだった人がすっかり足を洗って堅気になりまして、空き巣防止のコンサルティングや助言をしているなんてのを見たような記憶がかすかにあるのですけど、不動産購入ともなりますとそれなりの金額になりますのでもし本当に空き巣対策のコンサルティングみたいな人が居るので有れば、日当でも支払って助言して貰ったほうが良いかもしれないですよね。

今の社会情勢を考えますと、空き巣なんてものは増えることはあっても減ることは想像できないですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 鎌鼬(かまいたち)と通り魔対策
  2. 防犯パトロールとダイエット
  3. 防犯対策とラジオ
  4. 空き巣被害の増加について考える
  5. 空き巣対策と立地条件
  6. 目は口ほどに物を言う?
  7. 防犯パトロールの事
  8. 自転車の防犯登録について考える
  9. 防犯と声かけ運動
  10. 人を見たら泥棒と思えと防犯意識
  11. 防犯と借金の督促状
  12. 都内の万引き被害額が年間670億円
  13. 年末年始・旅行と防犯空き巣対策
  14. 自己防衛と護身術について考える
  15. 外見と不審者について考える
  16. 防犯灯と青色LED照明と効果?
  17. 防犯ステッカーの効果
  18. 防犯コスト
  19. 防犯用、警備会社のステッカー販売
  20. 防犯カメラ、監視カメラ、防犯ビデオ
  21. 犬の散歩と防犯対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る