スポンサードリンク

防犯パトロールの事

どうも年々日本の治安は悪化しているような気がするので有りまして、私の住む地域でも空き巣狙いですとかこそ泥の類が年に一回は発生しているので有りまして、どうもこのところの景気悪化を考慮致しますと、自己防衛とか地域ぐるみの防犯活動に精を出すしか対応策がないような気が致します。

そんな訳ででもないですが、私の住む地域でも防犯パトロールが行われておりまして、定期的に夜間集まって地域内を一通り練り歩く?のでありますが、別に怪しいやつを見つけて取り押さえるって事とは一切無縁の世界で、声かけ運動とか目立つ格好をして歩く事によりまして、犯罪抑止効果を狙うって意味合いが強いのでは無いでしょうかね?

ですから実際の防犯パトロールの仕事は不法投棄を見つけたら通報して処理をするとか、防犯灯が切れているのを見つけたら指定の電気店へ連絡して、蛍光灯を交換して貰うとかとっても地味な行動なのですよね。

まぁそれによってどの位防犯に役立っているのか推し量る術もありませんし、別に大した事でもないのかもしれませんが、約一時間歩き回ることによって足腰が鍛えられますし、地域の住民同士の交流にもなりますので、今後も続けようと思いますけどね。

ついでに防犯と飼い犬の事についても書いておこうと思いますが、防犯パトロール中に通りかかるお宅には結構な割合で犬を飼っているお宅があるのですけど、何時もやってくる人だから一切無視なのか犬の気持ちはよく分かりませんけど、全く無警戒といいますか犬に吠えられたことは一回も無いので有りまして、それはそれで犬に吠えられないにこしたことはありませんけど、泥棒とか空き巣狙いがやってきた時にはちゃんと吠えついてくれるのでしょうかね?

そのあたりは普段から家の前を誰か通り過ぎるだけで、やたらと吠えていたら単なる迷惑に犬になってしまい近所迷惑ですし、場合によっては犬がうるさいって苦情が入ってしまいますから難しいのでしょうが、空き巣が増えたのに犬を飼っていても番犬にならない場合が多いってのも有るかもしれませんね。

追伸

本文で防犯パトロールは地味な活動って書きましたけど、例えば怪しいやつを見つけたとか泥棒かなと思った時や身の危険を感じた時など、まず最初に取るべき行動はその場からダッシュで逃げる事で、それから警察に連絡するなりって行動になるのでありまして、いい気になって犯人を捕まえてやるって行動したり追いかけたりは決してしないので有りますが、中には正義感が強くて立ち向かってしまう人もいらっしゃるのでしょうね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 鎌鼬(かまいたち)と通り魔対策
  2. 防犯パトロールとダイエット
  3. 防犯対策とラジオ
  4. 空き巣被害の増加について考える
  5. 空き巣対策と立地条件
  6. 目は口ほどに物を言う?
  7. 防犯パトロールの事
  8. 自転車の防犯登録について考える
  9. 防犯と声かけ運動
  10. 人を見たら泥棒と思えと防犯意識
  11. 防犯と借金の督促状
  12. 都内の万引き被害額が年間670億円
  13. 年末年始・旅行と防犯空き巣対策
  14. 自己防衛と護身術について考える
  15. 外見と不審者について考える
  16. 防犯灯と青色LED照明と効果?
  17. 防犯ステッカーの効果
  18. 防犯コスト
  19. 防犯用、警備会社のステッカー販売
  20. 防犯カメラ、監視カメラ、防犯ビデオ
  21. 犬の散歩と防犯対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る