スポンサードリンク

B層について考える

時間があったのでB層度を判定する画面を作ってみました。 
あなたのB層度合いを判定します。 (あくまで遊びととらえてくださいね)

最近といっても半年くらい前からの話でしょうか、B層なる言葉を良く聞くようになったので気になって意味を調べてみたのですけど、今回のコラムではその事について思うところを書いてみようと思います。

まずこのB層とは?つまり意味から書く必要があると思いますが、意味が分らない段階では、馬鹿な一般大衆を指している、つまりBとは馬鹿の頭文字から取ったのかと勘違いしましたけど、実際はもう少し奥が深いマーケティングの分類でした。

ごく簡単にB層の意味を書くと、小泉首相の中身は分からないけどイメージだけで全面的に支持をして熱狂して挙句の果てに郵政民営化を強力に後押ししちゃう層、メディアのイメージ戦略だけに流されやすい層なのだそうです。

ついでにかくとA層はIQが高くてB層はIQが低い層と分類したのだそうです。

まずねマーケティングですとか市場戦略を立てるときにターゲットを分類して分類別に攻略法を考えるとか、どこかの層を集中的に攻勢をかけるとかいった手法は当たり前のような一般的な話で、顧客をABCDに分類するマーケティング手法なんてのはかなり昔からありましたから、分類した事を批判する気はありませんし強いて言えばB層なる言葉が世間に流出した事が管理不十分だったなと思う程度です。

思うのはマーケティング会社が大衆(この場合は有権者)を3つに分類して選挙戦略を立ててメディア戦略を実行して結果は作戦大成功と言いますか、小泉郵政選挙では自民党大勝利になってしまった訳で、日本の大手メディアってのは百害あって一利無しってのが実感ですね。

まぁ自分自身を振り返ってみると私もB層そのものだったとしみじみ感じてしまうわけですけど、思い起こせばテレビをつけると小泉純一郎首相の姿が取り上げられて、「郵政民営化は構造改革の本丸です!」、あれ?何で構造改革しなくちゃいけないの?郵政民営化のメリットはサービスが向上するってのは分かったけど、デメリットは無いの?

私なりに小泉郵政選挙前の状況を分析しますとマスコミの論調が横一線で、構造改革=善、郵政民営化=善、それに反対する勢力は抵抗勢力だから悪であるってストーリーが最初から描かれていて、そのストーリーを肯定する意見だけを放送して、詳しい話は無しにして小泉純一郎のイメージアップする映像だけをひたすら放送する。

こんな状況の中で日本中、または圧倒的多数のB層の有権者が熱狂して郵政民営化を支持しちゃったって状況ですね。

ネットが普及してきたことで幅広い意見に接する事が出来るようになった事でB層の構成率が低下していれば良いのですけど、どうも今回の安倍首相人気には小泉人気と同じにおいを感じてしまうのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 証券化の問題
  2. グローバル化不要論
  3. 必ず儲かる「商売のネタ」
  4. 企業の海外移転と海外進出の成功率と失敗率
  5. 安倍政権がおかしい
  6. 日本型経営
  7. 構造改革のその後
  8. TPPで儲ける方法
  9. アベノミクス相場と逆張り
  10. 接待交際費減税が必要だ
  11. 失業者対策と生活保護
  12. 広告塔
  13. 合法的な節税方法
  14. アベノミクスは失敗する
  15. 景気回復の指標は株価じゃない
  16. 株価と政権
  17. 第三の矢を阻止しなくちゃ
  18. 和牛商法と年金問題
  19. アメロと金とダイヤモンド
  20. 年功序列と能力主義
  21. 成長産業と成長戦略
  22. 解雇補償金制度
  23. アナリストとポジショントーク
  24. ねじれ国会は問題なのか?
  25. 一億総中流社会
  26. 落選運動の方法
  27. B層について考える
  28. 合法的な企業の負債清算(帳消し)
  29. 新型うつ
  30. 管理職と部下の育成
  31. 自民党TPP反対派
  32. 現代の錬金術
  33. 破綻と破産の違い
  34. 借金帳消しと徳政令
  35. 接待営業と安定経営
  36. 多角化経営の成功例
  37. 株式公開のデメリット
  38. TPP参加と株価予測
  39. 2013年8月の株価予測
  40. 部下のモチベーション維持向上
  41. 限定正社員とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る