スポンサードリンク

株価と政権

つくづくと言いますか前から感じていましたけど日本の政治や世論を歪めているのはやっぱりマスコミなんですよね。

まぁ今回は安倍首相自ら株価の上昇を自慢しちゃったりしていましたから身から出たさび的な部分もあるわけですけど、某マスコミいわく株価の低迷で安倍政権が焦って日銀に発破をかけているなんて記事が出ていましたね。

前にも書きましたけど株価も確かに経済指標の一つではありますけど、国民が注目したり監視したりしなくちゃいけないのは株価以外の事で重要な事が沢山あって、指標では失業率だとか賃金の上昇なんて事もありますし、対外的な外交政策とかもありますし、やっぱり何と言っても将来にわたって安定的な成長をして貧富の差が許容範囲以内でみんなが中流生活を実感できるような方向を政権が目指しているのかどうかを見て行かなくちゃいけないんですよね。

ですからね株価なんてものはそりゃ高いに越したことがないですし資産市場の上昇は実体経済にも好影響を与えますけど、どうも一部のマスコミの論調ではまるで政権への信任や支持率は株価が下がってしまったら根底から覆るような間違った誘導報道ではないでしょうかね?

例えばね多くの人が問題視しているTPPへの参加をめぐっての問題はこの話題が出てきたときに大手マスコミはこぞって問題点を見て見ないふりをして推進への旗振り役をしていましたし、今では作戦変更なんでしょうかTPPに関連する話題は全く報道しなくなってしまいましたね。

他にもね国土強靭化計画えっと防災減災ニューディルでしたっけ兎に角、10年間で200兆規模の国土強靭化のための公共投資を行いますって自民党は公約に挙げて大量当選、衆議院で大躍進したんですから、ちゃんと公約通りに予算措置をして計画が推進されているかどうかを監視しなくちゃいけないんですよね。

つまりね株価が上がった時には庶民は関係ないと言いだして下がった時にはアベノミクスは失速したとか訳のわからない報道ばかりしているのではなくて、今の政権がどんな公約を打ち上げて政権を取って運営しているのかを考えて、その公約を約束通りに実行に移しているかどうかを報道すべきなのであって株価だけを取り上げるのはおかしすぎるんですよね。

だって安倍政権や自民党は別に株価を上昇させますって公約に挙げて選挙に勝ったわけじゃないんですからね。

なのにまぁ株価が急上昇した途端に一般素人を株式市場に誘い込むような煽り報道を行っておいてですよ、こんど反転して株価が下がったらアベノミクスは危険ですよなんて報道ぶりですから、さすが日本のマスコミはマスゴミと言われるだけあって明治の時代、戦前から変わらないんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 証券化の問題
  2. グローバル化不要論
  3. 必ず儲かる「商売のネタ」
  4. 企業の海外移転と海外進出の成功率と失敗率
  5. 安倍政権がおかしい
  6. 日本型経営
  7. 構造改革のその後
  8. TPPで儲ける方法
  9. アベノミクス相場と逆張り
  10. 接待交際費減税が必要だ
  11. 失業者対策と生活保護
  12. 広告塔
  13. 合法的な節税方法
  14. アベノミクスは失敗する
  15. 景気回復の指標は株価じゃない
  16. 株価と政権
  17. 第三の矢を阻止しなくちゃ
  18. 和牛商法と年金問題
  19. アメロと金とダイヤモンド
  20. 年功序列と能力主義
  21. 成長産業と成長戦略
  22. 解雇補償金制度
  23. アナリストとポジショントーク
  24. ねじれ国会は問題なのか?
  25. 一億総中流社会
  26. 落選運動の方法
  27. B層について考える
  28. 合法的な企業の負債清算(帳消し)
  29. 新型うつ
  30. 管理職と部下の育成
  31. 自民党TPP反対派
  32. 現代の錬金術
  33. 破綻と破産の違い
  34. 借金帳消しと徳政令
  35. 接待営業と安定経営
  36. 多角化経営の成功例
  37. 株式公開のデメリット
  38. TPP参加と株価予測
  39. 2013年8月の株価予測
  40. 部下のモチベーション維持向上
  41. 限定正社員とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る