スポンサードリンク

一億総中流社会

一億総中流社会なる言葉を聞いたのは私が小学生の頃でその後は確か高校生になった頃にはもう聞く事も無くなって、ある意味では死語になってしまった感じがします。

安倍首相が日本を取り戻すなるスローガンを掲げて日本をけん引しているのだか、たんに開国とばかりに市場開放と規制緩和を進めて、日本を壊している売国行為に走っているのか意見が分かれるところですが、そもそも”日本を取り戻す”ってのは誰から(またはどこから)何を取り戻すのか全く不明なのでありまして、少なくとも内容がはっきりしないスローガンで熱狂的に支持する事はいい加減におしまいにしたいものです。

まぁ私自身の採点では財政と金融政策、それに外交関連ではまったくもってまともな政策実行だと思っているのですが、どうも市場原理主義的な考え方に危うさを感じてしまうのですよね。

つまりその安倍首相が何を取り戻すかの話ですけど、正しい政策によって一昔前の一億総中流社会みたいな豊かな日本を取り戻して欲しいのであって、格差社会をつくって日本国としては国力を取り戻しましたなんて事になってほしく無いわけです。

ここでその昔に確かに日本に存在していた総中流社会がどんな感じだったのか回想してみようと思いますが、別に総中流社会といっても厳然たる格差は存在しましたし、金持ちの話はさておいて貧困層とか経済的に恵まれない人もそれなりには存在していましたが、その格差が許容範囲に収まっていた又は若者に限って言えば一応真面目に働けば中流の暮らしを手に入れる事が出来る可能性がありましたからね。

人によっては一億総中流社会なんてものは幻想だなんて言いだして二度と実現は無理なんて言い出すのですけど、別にそれは難しい事じゃなくて、正社員として働く意思があれば個人の能力に応じてそれなりの職場があって、贅沢しなければ食べたいものを一応は食べて、車が欲しければちょっと無理すりゃ車くらい買える状態で大部分の日本人は満ち足りた生活が送れて中流社会を実感出来ちゃうんですからね。

逆に言うと今が酷過ぎるのであって正社員の職に就けない若者の年収なんてものは200万以下の人がたくさんいて、規制緩和とやらでタクシー運転手のみなさんとか、歯医者さんや弁護士に至るまで年収300万円以下のワーキングプアな人が普通に存在しているのですから、これはね今が異常過ぎるのであって、高望も何もこの異常な状態から普通の状態に戻すことだけが希望なんですよね。

ただそのための手段ってのは規制緩和でも構造改革でもなくて、単に世の中が穏やかなインフレ状態になっていて失業率が低い状態にさえなっていれば後は国土強靭化だけやっていてくれれば、他の余計な事はしなくてもかまわないのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 証券化の問題
  2. グローバル化不要論
  3. 必ず儲かる「商売のネタ」
  4. 企業の海外移転と海外進出の成功率と失敗率
  5. 安倍政権がおかしい
  6. 日本型経営
  7. 構造改革のその後
  8. TPPで儲ける方法
  9. アベノミクス相場と逆張り
  10. 接待交際費減税が必要だ
  11. 失業者対策と生活保護
  12. 広告塔
  13. 合法的な節税方法
  14. アベノミクスは失敗する
  15. 景気回復の指標は株価じゃない
  16. 株価と政権
  17. 第三の矢を阻止しなくちゃ
  18. 和牛商法と年金問題
  19. アメロと金とダイヤモンド
  20. 年功序列と能力主義
  21. 成長産業と成長戦略
  22. 解雇補償金制度
  23. アナリストとポジショントーク
  24. ねじれ国会は問題なのか?
  25. 一億総中流社会
  26. 落選運動の方法
  27. B層について考える
  28. 合法的な企業の負債清算(帳消し)
  29. 新型うつ
  30. 管理職と部下の育成
  31. 自民党TPP反対派
  32. 現代の錬金術
  33. 破綻と破産の違い
  34. 借金帳消しと徳政令
  35. 接待営業と安定経営
  36. 多角化経営の成功例
  37. 株式公開のデメリット
  38. TPP参加と株価予測
  39. 2013年8月の株価予測
  40. 部下のモチベーション維持向上
  41. 限定正社員とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る