スポンサードリンク

合法的な節税方法

先のG8主要8か国首脳会議(G8サミット)では安倍首相のアベノミクスのプレゼンテーションもありましたが、節税ってつまり私から見れば合法的な脱税なんですけどタックスヘイブンについての共同宣言がありましたね。

これはご存じのとおり世界がグローバル経済?つまりその国家が企業を統治指導ができなくなってコントロール不能な状態に向かって進んでいる状態な訳ですが、これを利用して企業が本社を税率が低い国に移して法人税の支払いを不当に逃れる事例が出てきていますから、これを何とかしなくちゃねって事が確認されたわけですね。

その昔はリヒテンシュタインなってタックスヘイブンだけで成り立っていると言えば言い過ぎかもですけどそんな国もありましたし、最近ではケイマン諸島なんって場所も聞こえてくる訳です。

でねグローバル経済の推進なんてのはTPPなんてのも同じなんですけど、資本移動の自由を推進しているわけですから、そりゃもう企業ってのは活動しやすい国に自由に移動して儲けるってのは当たり前の話で、そいつを否定したら逆にグローバル経済の否定になっちゃうんですよね。

でね世界が成長するための原動力は自由貿易推進だとして参加各国のグローバル化推進を確認しているわけで、片方で企業の節税対策による本社移転などのスキルを警戒して、同じ口でグローバル経済を推進してって、これって彼らの目的にとても危ないものを嗅ぎ取ってしまいませんか?
つまりグローバル経済を進めつつ税金逃れを防ぐ方法を考えますと、そりゃ誰もが考え付く事で各国の法人税などの税率を統一する又は下限を設ける事になりませんかね?

もちろん税金逃れ対策として本社登記地よりも活動の主体ですとか拠点に主眼を置いて課税する方法も考える事が出来ますけど、そのあたりの補足は非常に難しいと思いますので現実的ではないでしょうね?

するとですねもし各国の法人税などの税率を統一したり下限を設ける事に各国が合意した場合を考えてみますと、それってなんのこっちゃない国家主権の消滅じゃないですか?

つまりその主権国家ってのは色々な権利があるわけですけど、その中に徴税権ってつまり税金を徴収したりその税率を決定する権利があるわけですけど、それが無くなってしまいまして大げさな言い方を致しますと主権国家じゃ無くなってしまうんですよね?

EUなんてのはグローバル経済の壮大な実験でもあったんですけど、はっきり言って経済的に大失敗なんですからいい加減に今後はグローバル経済の流れが進むなんて間違った考えとはおさらばしたいものです。

それとね税金ってのはなんのために支払って使われるかってのを考える必要がありまして、企業倫理の話になってしまいますけど、税金逃れで他国に本社だけ移して、活動する国家のインフラだけはしっかり活用するなんてのは問題おおありじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 証券化の問題
  2. グローバル化不要論
  3. 必ず儲かる「商売のネタ」
  4. 企業の海外移転と海外進出の成功率と失敗率
  5. 安倍政権がおかしい
  6. 日本型経営
  7. 構造改革のその後
  8. TPPで儲ける方法
  9. アベノミクス相場と逆張り
  10. 接待交際費減税が必要だ
  11. 失業者対策と生活保護
  12. 広告塔
  13. 合法的な節税方法
  14. アベノミクスは失敗する
  15. 景気回復の指標は株価じゃない
  16. 株価と政権
  17. 第三の矢を阻止しなくちゃ
  18. 和牛商法と年金問題
  19. アメロと金とダイヤモンド
  20. 年功序列と能力主義
  21. 成長産業と成長戦略
  22. 解雇補償金制度
  23. アナリストとポジショントーク
  24. ねじれ国会は問題なのか?
  25. 一億総中流社会
  26. 落選運動の方法
  27. B層について考える
  28. 合法的な企業の負債清算(帳消し)
  29. 新型うつ
  30. 管理職と部下の育成
  31. 自民党TPP反対派
  32. 現代の錬金術
  33. 破綻と破産の違い
  34. 借金帳消しと徳政令
  35. 接待営業と安定経営
  36. 多角化経営の成功例
  37. 株式公開のデメリット
  38. TPP参加と株価予測
  39. 2013年8月の株価予測
  40. 部下のモチベーション維持向上
  41. 限定正社員とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る