スポンサードリンク

派遣労働と地位立場

派遣労働者が日本の労働市場に登場したころを知っている人なら感じていると思いますけど、派遣労働者って響きがずいぶんと安っぽくなったと思いませんか?

派遣労働が登場したころは通訳だとかパソコンのオペレーターだとか特別な高度な技術を持った人しか出来ない仕事で、派遣で働くってのは普通の特別な能力が無い労働者にはやりたくてもできない仕事で、派遣ってのはプロ中のプロが自らの高い能力を持って必要とする企業に助っ人と言いますか、きてやったぜ状態で働く人のイメージが強かったのですけどね。

転機は工場労働者それもライン作業とか単純作業従事労働者の派遣解禁で始まった事がはっきりしていますけど、それによって企業の競争力が高くなったとは到底思えませんし、派遣労働者が高給で働くプロだった頃は良かったのですけど、あっという間に低賃金労働者の代名詞みたいになってしまって、派遣労働に従事する国民が増えたおかげで可処分所得額が少ない労働者が増えてしまって、国内景気は一向に良くなる兆ししかない状態が長い間続いてきましたからね。

でデフレ脱却を優先課題にする安倍首相はきっと派遣の規制をきつくしてまともな正社員労働者を増やしてくれるように舵を切ってくれるのかと思っていたら、今朝入ってきたニュースにはびっくりしましたね。

派遣労働の見直しを議論する厚生労働省の研究会は、派遣労働者にずっと任せていい仕事を限っていた規制を緩め、どんな仕事でも企業がずっと派遣に任せられるようにする最終報告をまとめた。

つまりねあらゆる職種職場に関して派遣労働者をずーと派遣労働者のままで働けなくなってお払い箱にするまで働かせることができるって事でありまして、派遣労働者の方の多くがいつかは安定した正社員に昇格したいと思っているでしょうし、派遣の契約期間が切れた次はなんて淡い期待までも今回の提言が受け入れられたら打ち砕かれてしまうんですよね。

まぁ一応は安倍首相は日本を取り戻すと言っていて強い日本を取り戻したいらしいですから、まさかこの提言を受け入れる事は無いだろうと思いたいところなのでは有りますけど、なにせいつの間にかTPP推進をはじめとする新自由主義路線へまっしぐらな状態ですから安心できないところが怖いところです。

そもそも日本の製造業の強みってのは家族経営のように社員が長年の経験を蓄積しつつ高い技術力を持って世界に席捲してきたのでありまして、それをね会社の帰属意識を持つ事が容易ではない派遣労働者の拡大はマイナス要素にしかなりませんし、同じ社内で同じような仕事をしていても正社員と派遣労働者のような身分の違いや差別が生まれるような状況で日本の活力をそいでほしくは無いものです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 飲食業で独立開業
  2. ガン治療が高額な理由
  3. 成功する経営者とレントシーキングの意味
  4. 販売戦略と情報戦
  5. 顧客戦略とポリアンナ症候群
  6. 製品と商品の意味の違い
  7. 仮面ライダーの収入源
  8. 訪問販売は絶滅するか?
  9. 移民労働者の問題
  10. プラネタリウムと宇宙兄弟そしてレザリアム
  11. 無意味な法人税減税
  12. 精神力の鍛え方、強くする方法
  13. 販売企画と消耗戦
  14. 顧客との相性と営業マン
  15. 零細企業の営業戦略
  16. 名刺管理と情報流出の危険性
  17. 派遣労働と地位立場
  18. 懸賞、プレゼント商法と販売促進
  19. プレゼントと脱税
  20. 日本の営業力
  21. イエスマンは出世するか?
  22. ブラック企業判断
  23. 営業の基本とデフレ対策
  24. 世襲社長・二代目社長は駄目?
  25. ゲーム業界への就職と転職
  26. 倒産回避の方法
  27. 倒産回避の方法2
  28. 不正B-CASカードと技術力
  29. ロト6予測ソフト
  30. インフレとデフレ下の企業戦略
  31. スティック型パソコン、普通のテレビでインターネット
  32. 経営者と良い嘘
  33. 池に落ちた犬とみのもんた
  34. 全天候型自転車(ベロモービル)
  35. 災害景気
  36. 経済波及効果の算出方法と嘘
  37. 民のかまど
  38. 自費出版と作家になるには
  39. 消費増税とスタグフレーション
  40. 無料サンプルとタイアップ広告
  41. 業界標準と自滅経営
  42. スイーツダイエット
  43. 食欲と調味料の関係

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る