スポンサードリンク

ドル暴落デフォルト対策

アメリカ発の金融ニュースが一瞬で日本まで飛んでくる昨今ですがアメリカ連邦政府における債務上限引き上げ決議が難航して、新年度の予算執行hが出来なくなったために政府機関の一部閉鎖であるとか、それとは別の問題で郵便局の一部支払い不能でデフォルトかと言われたり、ありえないと思われていたアメリカドル(国債や紙幣)の暴落やアメリカ政府のデフォルトが可能性として考えられない状態じゃなくなってきてしまいましたので今回のコラムではそんな話題でも取り上げようと思います。

最初に一般的に考えられるドル暴落やデフォルト対策を書いて一番最後に究極の絶対にデフォルト回避できる方法を書いてみたいと思います。

しっかしね確か米ドルってのは基軸通貨と言われていて他の通過はこいつに比較して価値を計る通貨だったし、そもそもおかしいのは通貨発行の権利がアメリカ国家に帰属していないのもおかしいのですけど、それは別の機会に書くと致しまして、一般論からはじめましょう。

複数の通貨に資産を分散するって事ですがユーロに始まってイギリスポンドとか勿論ですが日本円とか最後に和同開珎など通貨の種類を分散しておくに限るわけですけど、この答えは一定以上の資産をアメリカドルで所有している人が資産を守るために行う手段であって、例えば海外との取引において決済手段が米ドルであるなんて場合の暴落対策やデフォルト対策では在りませんね。

つまり単純に資産をアメリカドルで所有しているなんて場合であれば、別の通貨に一部を移して分散するとか、ゴールド(金)を購入して現物で手元に置いておくとか、誰が考えたって普通に簡単に出来ちゃうわけで、それが出来なくてドルが暴落したりデフォルトしちゃったら困る人が対策を考えなくちゃいけないんですよね。

でしたら最近随分と知られてきた商品でCDSと言われるクレジット・デフォルト・スワップがありまして、簡単に書きますと一種の保険でありまして事前に掛け金を支払ってドルが暴落したとかデフォルトしたときなどに生じる損害に対して補填を行ってくれる商品です。

まぁこれについては別に利用しなくても米ドルに対する掛け金の上下で持って暴落やデフォルトの危機が高いのか低いのかを判断する材料にも使えると思いますけど、そういえばこれの各種資料などの通貨単位は全部ドル建てになっているのですけど、そいつが暴落するとか発行元の国家がデフォルトした場合の決済通貨はどうなるのか非常に気になるところではあります。

では最後の絶対確実なドル暴落とでデフォルト対策を書きますがこれは誰にでも出来る方法じゃないです。

その方法とは簡単な話で暴落しそうになったら全力で一兆ドル単位でドルを個人で買い支えればまず暴落しませんし、デフォルト対策でしたらそうですね当座の資金として一兆どる程度のお金をアメリカ政府に寄付いたしましたらデフォルトは回避できるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 自炊代行

  2. 残念な西田昌司議員
  3. 連邦政府の一部閉鎖
  4. 安倍不況の始まり?
  5. 外資系企業と解雇特区
  6. 駆込み需要と決算対策
  7. ドル暴落デフォルト対策
  8. 保守政治家の定義
  9. 成功法則は不変か?
  10. リーダーに向かない人
  11. トクホ
  12. 顧客獲得の方法
  13. 騙すテクニック
  14. 会社の将来設計
  15. 営業活動と容姿
  16. 岐阜県関市と市場調査
  17. 米ドルの行方と新通貨発行
  18. 消費増税対策と益税
  19. 金縛りと視線を感じる原因
  20. SNEP(スネップ)対策
  21. 独立、フランチャイズ加盟
  22. Firefoxのフリーズ
  23. ネットショップ
  24. 保険と訴訟
  25. 増税倒産
  26. 売り上げ不振と成長戦略
  27. 論破する方法
  28. 営業戦略と戦術の違い
  29. 枕営業
  30. 独身貴族と結婚難民
  31. 希望退職募集
  32. リストラされやすい人
  33. 無料年賀状素材と著作権
  34. 激安おせち
  35. ドリンク「drop」
  36. ゴールドラッシュ
  37. マクドナルドと藤田田
  38. アメリカの圧力の正体
  39. 営業社員のモチベーション
  40. 営業リソース
  41. 消費者心理
  42. 営業活動と動機付け
  43. 社内営業の方法
  44. 営業社員の将来
  45. 薄利多売
  46. 営業小話
  47. 無能上司
  48. ローカルVSグローバル
  49. 交渉力を高める方法1
  50. 交渉力を高める方法2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る