スポンサードリンク

早期退職制度の損得

ここ数年前から大手企業でセカンドキャリアプランとか第二の人生のスタートを応援するとかの名目で早期退職を後押しするような支援制度を設置する例が増えています。

企業によって違いが有りますが私の聞いた事例では勤続20年を超えたら早期退職支援の資格が与えられまして、そいつにエントリーいたしますと一年間は会社に在籍して給料をもらいながら再就職だとか独立開業への準備を進めることが出来る制度で若干の退職金の上乗せも有るのだそうです。

企業としては給料が高くなりすぎた団塊の世代が給料に見合った仕事を確保できないだとか、若手に比べて高すぎる人件費の世代を絞り込んで若い世代を増やしましょうといった財政上の理由がスタートなんでしょうけど、それはさておき早期退職制度を利用する場合の損得について考えてみたいと思います。

さて問題は企業が定めている定年退職の年齢(55歳~)と年金の支給開始年齢の空白期間の収入をどう確保するかの問題と、独立開業して生計を建てる場合のスタート年齢の問題ですね。

大企業にお勤めの方でしたら平均的な年収以上の収入を貰っていると思いますから、それなりの蓄えが有ると思いますから今までのデフレ経済が継続していくとしたら、物価は上昇しないでお金の価値が上昇していく事になるので低金利の時代であっても何とか生活は維持できると思いますが、運良く日本が復活を遂げて健全なインフレ状態になるとしたらお金の価値は下がっていくので場合によっては年金支給開始までを蓄えだけで乗り切るのは少々苦しいと思いますが、これは個人の貯蓄額だとか生活費のレベルによって違いますので個人の判断が違ってくるでしょうね?

では早期退職制度を利用して第二の就職ですとか独立開業する場合についてはどうでしょうか?

まず再就職に関してですがこれが役員待遇などでの再就職が可能な非常に稀な例を除きまして、大幅に年収が増えるような場合を除きまして早期退職して再就職してもなんの得もないのではないでしょうか?

ですから独立開業の夢を持って早期退職に応じる人以外は例え経営陣から早期退職へのエントリーを強く勧められましても、給料のダウンを通告されましても決してウンと言わないで会社に残って無事定年退職まで残っていたほうが99%得な結果になると思います。

では独立開業の道を目指そうと考えた場合ですが、統計など具体的な資料や数字は有りませんが一般的な独立開業の場合でも成功率は数%と言われているのが現状ですから相当自分に自身がない限りはやっぱり思いとどまったほうが身のためだと思いますよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 会社経営、執念深い人と忘れっぽい人とどっちが成功するか? 2014年2月6日UP
  2. 価格戦略、低価格路線も高級路線も何故失敗するほうが多いのか? 2014年2月6日UP
  3. 身の丈経営というかコンパクト経営 2014年2月6日UP
  4. 一発逆転の営業と見果てぬ夢? 2014年2月5日UP
  5. 新規顧客開拓のツボは見極めと選別なのでは? 2014年2月5日UP
  6. 売ってはいけない相手 2014年2月5日UP
  7. 見積もり、あいみつ、弱気の虫 2014年2月4日UP
  8. 売れない時の対応、努力の方法がわからない誰も知らない成功の方法 2014年2月4日UP
  9. 営業販売におけるハロー効果 2014年2月4日UP
  10. 倒産準備と破産準備 2014年2月3日UP
  11. 経営者の元にやってくるチャンスの仮面を被ったピンチ 2014年2月3日UP
  12. 新規顧客開拓の外注・営業代行 2014年2月2日UP
  13. 会社の組織構成と人員配置とパフォーマンス 2014年2月1日UP
  14. 営業は使い捨てと言われる不思議と縁故営業 2014年1月31日UP
  15. 売上のビッグウェーブつまり大きな波 2014年1月31日UP
  16. 見込み客への契約の催促や状況確認は逆効果? 2014年1月30日UP
  17. 部下を明るく追い込む方法 2014年1月30日UP
  18. 個人宅への営業と法人営業のどっちが難しいか? 2014年1月29日UP
  19. 反響営業の方法(法人向け)反響率の低下について考える 2014年1月28日UP
  20. マクドナルド売上不振の本当の理由が分かりました。 2014年1月28日UP
  21. 損な出世と出世拒否症候群と名ばかり管理職 2014年1月28日UP
  22. 工場(製造業)の仕事、正社員もアルバイトも夜間も激減 2014年1月27日UP
  23. 会社組織を駄目にする要因、組織のフラット化 2014年1月27日UP
  24. 給料の高さと職場のモラルは比例する? 2014年1月27日UP
  25. お客のわがままな要求を断るとか言われない方法 2014年1月26日UP
  26. バレンタインデーの起源は日本です。 2014年1月24日UP
  27. 早期退職制度の損得 2014年1月24日UP
  28. 転職と企業文化の違いと社内イジメ 2014年1月24日UP
  29. 法人税減税は中小企業経営者を苦しめる未来が待っている 2014年1月23日UP
  30. 経営近代化の幻想とグローバルスタンダードの愚 2014年1月23日UP
  31. 国境と企業活動と関税とTPP 2014年1月22日UP
  32. 任天堂の凋落と営業戦略の間違いを指摘する 2014年1月21日UP
  33. 気持ちのコントロールと仕事の効率向上 2014年1月21日UP
  34. 売れる仕組み作りの作り方 2014年1月20日UP
  35. 値引き販売競争に打ち勝つ方法は有るのか? 2014年1月20日UP
  36. 現実逃避とか逃げる方法について考える 2014年1月19日UP
  37. Webカタログ、Webパンフレットの営業戦力とデメリット 2014年1月17日UP
  38. 新規訪問、飛び込み営業のコツ 2014年1月17日UP
  39. 短期間で大金を稼げる仕事 2014年1月16日UP
  40. 企業のイメージ作りの方法について考える 2014年1月16日UP
  41. ソリューション営業の成功方法を考えてみる? 2014年1月15日UP
  42. 感情をコントロールする方法と暴走老人 2014年1月15日UP
  43. クレーム対応と気持ちの切り替えつまりメンタルヘルス 2014年1月14日UP
  44. 短時間分割睡眠は効率的? 2014年1月14日UP
  45. 営業マンと事務員と社内営業とバレンタインデー 2014年1月14日UP
  46. 企業の危機管理と愛社精神 2014年1月13日UP
  47. 県民性とか営業市場における地域差について考える 2014年1月12日UP
  48. 接待、賄賂、袖の下など有効な営業手法について考える 2014年1月11日UP
  49. 社長の器と会社の規模は比例しない? 2014年1月10日UP
  50. 人事異動と拒否権と肩たたき、つまり退職勧告 2014年1月10日UP

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る