スポンサードリンク

インターネットの営業力

テレビなどに代表される大手メディアを使った広告に比べて極端に低いコストで新規顧客開拓してくれたり、24時間勝手に見込み客を開拓してくれたり、販売契約まで行なってくれるツールとしての価値がインターネットには有りますけど、その営業力を過信してもいけないし逆に無視してもいけないですよね。

さて今回はそのインターネットの営業力について考えてみたいと思いますが、勝手にポストに投函されるダイレクトメールや折込広告ですとか、付けっ放しのテレビから勝手に流れてくるコマーシャルと比べまして、インターネットの場合は相手つまり潜在顧客が能動的に探し当てる作業をしてくれないと、いくら内容的に素晴らしいサイトを作っても全く効果が出ない広告媒体って事です。

このとても単純で簡単な基本を押さえていないとインターネットは営業力を発揮できません。

話を新規顧客開拓に絞って進めて見たいと思いますが、そうですね例として一本歯の高下駄を作っているメーカーさんがインターネットで新規顧客開拓をしようと考えたとしましょうか?

ここで高下駄はとてもスタイリッシュでカッコイイなんて感じのサイトを作って内容的にそれだけに焦点を絞った内容で新規顧客開拓をしようと思ったら、まぁ下駄に興味を最初から持っている人と極稀にファッションに興味を持っている人がやってくる程度で、営業力の半分も発揮できないでしょうね?

だって世間で下駄に興味を持っている人なんて極少数で更にその人がインターネットで調べて探し当ててくれなくてはサイトは開きませんからね?

これが例えばですね、高下駄を履きこなすには姿勢が良くなきゃ駄目ですから、自然と背筋が伸びて姿勢が良くなり格好良くなるとか腰痛にも効果的だとか、高下駄を履いて歩くにはスニーカーと比べて多くのカロリーを消費しますのでダイエットにも効果的だとか、バランス感覚が自然に養えるので子供に良いとかとにかく高下駄に結びつくような切り口ってのは頭をひねったら結構たくさん出てくるんですよ。

つまり高下駄を趣味としている人だったら勝手に探してやってきますけど、それ以外の全く興味を持つとか言ったレベルじゃなくて存在すら知らない世間一般の人が別の視点から結果として高下駄に興味を持ってくれうような、幅広いリーチを必要としているんですね、特に非常に狭い範囲の人しか興味を持っていない分野ではね。

つまりインターネットの営業力ってのは今までのメディアの手法と同じに考えたらとっても低い営業力しか発揮しませんけど、ちょっと発想を変えてやると肩を並べる位の営業力を発揮するんですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る