スポンサードリンク

リストラ助成金の活用

まったく安部首相ってのは靖国神社に参拝したり愛国的な外交を展開して愛国者だと思わせてみたり、日本国の内側から鍵を開けて外国企業を日本市場に招き入れようとしてみたり愛国者なんだか売国に走っているのか時々分からなくなってしまいます。

さて3月よりリストラ助成金(労働移動支援助成金)が拡充されるとの事で率直に言って企業が(私も経営者ですけど)正社員の解雇をするのを政府が助成金を出して後押ししますよと見えてしまうんですよね。

解説では労働力の偏りを是正するために人手が余っている業界から人手不足に困っている業界に人材を移動するために、企業が再就職支援企業に支払う報酬の50万円まで支援の枠を広げて、しかも今までは再就職が成功した場合のみの支援だったのが、別に再就職できなくても助成金を払うのだそうで、つまり企業にとっては政府の後押しも合って労働者の解雇がしやすくなるって状態になりますね。

しっかしまぁ転職で未経験の業界に移って直ぐに働けるなんて労働内容でしたら別にいま正社員で働いている労働者じゃなくても、派遣社員として働いている人やアルバイトやフリーターなどの非正規社員を受け入れりゃ別に良いんですよね。

しかしここまでは良いとしてその先にもっと危険な事を感じるんですよ。

えっとまだ何とか残っている従来の日本型の終身雇用制度においては労働期間に応じて退職後の生活を支えるために退職金の制度が有って、これが平和な日本の社会に貢献していた部分が大きいんですけど、これがですね40歳で全く違う業界に転職してしまいますと、新卒から定年まで務め上げて手にすることが出来る退職金の二割程度になってしまう場合も有るんですよね。

まぁそんな事は普通に労働者でしたら普通に考えますから、人材の業界移動が思ったように進まなかった場合に退職金制度の見直し機運が創りだされてしまうって事も推測されますが、更にオトロシイ事も想像しちゃうんですよね安倍政権ですと。

それはですね人材の移動がおきなくて一部の業界、例えば建設業界なんかで人手不足が解消できない状況が顕著になりますと、じゃあ移民を受け入れましょうですとか外国人労働者を増やしましょうですとか、外国企業が日本に進出しやすくしましょうですとか、日本が日本じゃなくなる方向に進められてしまうのが非常に心配です。

だいたいですね人手不足の業界は普通に考えて受注単価を値上げして人件費を上げて、それで失業者ですとか他の業界で働いている非正規社員の労働者を受け入れれば良いと思うのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る