スポンサードリンク

個人保証の債権買い取り「特定債権買い取り業務」に反対する理由

某経済新聞の速報からですが政府は業績不振の中小企業経営者が個人的に債務保証している債権の買い取りを行なって、自宅などの資産を残した形で債務の私的整理を支援して再チャレンジを後押しする業務を始めるそうですね。

零細企業経営者の私や資金はなくても事業にチャレンジする起業家にとっては企業と借金のリスクを大幅に低減できる政策ですので歓迎すべき事でしょうね?

しかし過去の政府のこの手の政策や施策っては絶対的必ずの確率で不正な融資を誘発したり、反社会的な勢力へ資金が流れたりといった由々しき事態が発生するのでありまして、このあたりの防止策はどうなるんでしょうかね?まぁ後手後手で問題が発生してから泥縄式の解決策ってのがいつものパターンなんですけどね。

実際に事業が動き出さないとなんとも言えないところがありますけど、最初から事業を成功させる意識も計画もないのに事業計画だけはバラ色の紙でも使って金融機関から事業資金を借り受けて、さっさと借りた資金はどっかに隠してしまってやってもいない事業を失敗したかに見せかけて計画倒産、でも個人保証した債務は政府が買い取ってくれて個人の資産も守られますよなんてのは、頭の良い人でしたら巧妙にやってのけるのではないでしょうか?

そんな理由から今回政府が打ち出した個人保証の債権買い取り「特定債権買い取り業務」には反対なんですけど、そんな事よりも中小企業の事業資金借り入れに伴う第三者の保証人の問題のほうが早急に解決すべき問題では無いでしょうか?

簡単に書きますと中小企業の経営者が銀行などの金融機関に出向いて事業資金の融資を受けようと致しますと、まず借り入れ資金に見合った自宅などの担保を要求されまして、担保が不十分又は十分であっても生計を別にする第三者の保証人を必ずと言っていいほど要求してくるんですね。
別の言い方をしますと銀行なんてのは事業計画の内容はさておいて担保が確保されるかとか第三者保証人の資産状況ですとか、そっちの回収に関する安全率を重視して融資の可否を決定するわけです。

そして事業資金を借り入れて事業が順調に推移して返済も滞り無く履行されていれば無問題なんですけど、どっかで返済不能になると平和に暮らしていた第三者保証人のところに多額の返済義務が発生して生活が暗転するって事例がとっても多いわけです。

ですから政府はこっちの方を何とかすべく考えるのが先だと思うんですよね。

追伸
自然になのか人為的なのか一定のサイクルで金融バブルの崩壊や大型不況が発生すして、一気に不幸な債務者が量産されるのですけど、これが人為的に行われているとしたら怖いですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る