スポンサードリンク

しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?

私がまだサラリーマンの営業社員だった頃の話ですが、商談に持ち込んだら一気にクロージングまで畳み掛けて、相手が買うまで帰らないいわゆるモーレツ型のような営業社員が代理店さんにいらっしゃいました。

その人は四十代半ばの男性で体格は良く野太い大きな声で顔はイカツイ感じの人で、飛び込み営業は一切行わないで女性社員の電話コールによる新規開拓によって出てきたアポがとれた客先に出向きまして、商品のデモンストレーションからクロージングまでを担当していました。

確か電通か何かの広告代理店の営業マン心得みたいなのに、喰らいついたら絶対に離すな!目的完遂までは!なんてのが有ったような気が致しますが、正直言って対して買う気もない状態でやってきた営業マンが勝手に見込み客と断定して、買うまで諦めないで席を立たないんですからお客としては迷惑な話とも言えますね。

ただその営業社員の営業成績は群を抜いて高い売上を毎月コンスタントに叩きだしていまして、ある意味で営業マンのお手本みたいな感じでしたが部下が育たなかったのと、お客からの好き嫌いが大きかったですね。

でですね一人の営業マンとして見た場合では、相手が迷惑だろうとなんだろうと強引に自分の営業を推し進めて、中には買うって言わないと帰ろうとしないから仕方がないので売買契約書に捺印しちゃう人もいたんでしょうけど、個人としては非常に優秀な営業マンだったわけです。

私も何度か営業同行してクロージングの現場を見学したことが有りますけど、お客がねまだ買うのは早いですから今回は見送りますとハッキリ断っているのに、では最後に少しだけ話しを聞いて下さいと切り出しまして、それから延々と一時間以上営業トークを連発していまして、相手はうんざりした表情をしていて、こりゃ会社の顔として考えた場合は良くないなと感じた次第です。

私は営業同行の最後に疑問をぶつけて相手が断っているのになぜ更に一時間以上も無駄な営業を続けるのかを聞いたんですけど返ってきた答えはびっくりしましたね。

「クロージングに入った以上は絶対に契約を取ってくる気持ちで営業をかけるのは当然、けどそれでも買わないお客は今後3年間は他社からも絶対に買わないように徹底的に潰してくるのが仕事だ」との事でした。

さて、このモーレツ営業マンの営業活動が正しい行動なのか逆に問題があるのかは個人の判断になると思いますけど、業界としてねこんな営業マンが多数派を占めるような業界はやっぱり伸びないと思うのですよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る