スポンサードリンク

インターネット産業は斜陽産業になるのか?

斜陽産業とは需要が縮小し始めて供給過剰になっていままでのような利益が生み出せなくなって業界全体が縮小して行ったり、場合によっては産業そのもの自体の存在が消えてしまう過程にある産業の事です。

ですから急成長していた産業の成長が鈍化した程度でしたらまだ斜陽産業の仲間入りしたとは判断できませんし、ある程度の企業の淘汰される減少はむしろ業界の健全化が進んでいる場合もありますから、IT産業の倒産件数が増加したと言ってもこれをもって斜陽産業の仲間入りの入り口に立ったとは言えないわけです。

さてこれは私が社会に就職先を決める際に進路指導の先生から聞いた世間でも有名な話が、今現在の花形産業で(いまでしたら学生の就職先人気ランキング入りしているような企業)も、就職して20年経過したらかなりの割合で斜陽産業になっているって類の話でした。

具体例としては石炭産業の話をされていまして、石炭産業の最盛期には優秀な学生がこぞって石炭産業に入社したものですけど、その後すぐに石炭需要は低下しましてせっかく人気企業に入社したのに40歳とか人生の肝心な時期になって会社が閉鎖されてしまったり結構悲惨な会社員人生になってしまった人が多かったようですね。

本題のインターネット関連産業に入る前にもう少し書き加えますと今はまだ新聞社ってのは学生の就職先として人気が高いんですけど、これって先を読む能力が決定的に欠落している学生さんが多いのではないかと思ってしまうんです。

まぁ贔屓目に見ても新聞もテレビも購読者や視聴者は右肩下がりの一本槍で下がりだしている状況で購読者は減る一方ですし視聴率は落ちていて上がる気配は無いわけで、インターネットの普及によって大手メディアの信用も落ちる一方なんですから、回復する要素は全くないと言いますかこっちは間違いなく斜陽産業の入り口に立っている状況なんですよ。

さてその新聞やテレビメディアを斜陽産業に追いやろうとしているインターネット産業の将来についてですが、根本的にはインフォメーション・テクノロジー(IT)なんですから単なるインフラであって社会基盤の基礎みたいな存在なんですから情報伝達の手段としては当分の間は大丈夫ですけど、それにぶら下がるような形の企業ってのは厳しい所が多いんじゃないでしょうかね?

具体的に書くと一部のネット通販ですとか情報販売系ですとかなんだかんだと20年後には今の企業の半数以上は淘汰されていると思いますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る