スポンサードリンク

ヤマザキパンの美談と商売

先の大雪で立ち往生していたドライバーに積み荷のパンを無料で配ったヤマザキパンのドライバーの話が美談として広まりまして、現在ヤマザキパンでは注文が急増して一部の商品に供給が間に合わない事態が発生しているそうです。

立ち往生していたドライバーさんは空腹にならずに済みましたし、ヤマザキパンとしては無料で配ったパンの分の損失はその後の注文の急増で取り返せて企業のイメージアップにも繋がったわけですから、とっても良かったと思います。

私も素直に良い話だなって思いましたしやっぱり日本は良い国ですよね。

これがねドライバーさんがどっかの反日国家でしたらどうだったでしょうかね?

良くて積み荷のパンを定価の10倍で販売して不当な利益を得ていたでしょうし、場合によっては何もしなかったかもしれませんがまぁ反日国家と言っても親日的な人もいらしゃるようでっすので断言は出来ませんね。

さて話をその昔の終戦直後に戻してみましょう。

当時は極端な物不足、特に食料不足に直面していたわけですけど、聞くところによるとそんな物不足の状態で一財産を築いて今に至るって人や企業ってのは結構あるみたいですよね。

例えば米軍からの払い下げの物資を数十倍で転売していたとか、食料不足ですから何が入っているんだからわからないような鍋が高い値段で販売されていたり、多くの民衆が困っていたから無料で食料を配りましょうなんて人よりも、ここがチャンスとばかりに不当に高い利益を上げていた商売人が幅を利かせていた時代だったようですね。

その後は混乱期を過ぎてから日本は高度成長の時代に突入するわけですけど、いつに時代もね貧乏な人は蔑まれて金持ちですとか大きな会社の社長なんてのは尊敬される(中には軽蔑される人もいますけど)というか、社会的に上に見られる風潮があるんですけど、じゃぁ戦後の混乱期で一気に成り上がった商売人ってのはどう考えれば良いのでしょうか?

最初に取り上げたヤマザキパンのドライバーさんとくらべてしまうと、客観的に見れば食料不足や物不足に困っている状況に付け込んで、助けるどころか足元を見て蓄財に成功した人たちですよね。

しかしながら終戦後の混乱期に財を成した人に対する世間の目ってのは別に非難をするわけでもなく、むしろチャンスを掴んで成功を収めた偉い人なんて感じなのでありまして、なかなか今回のヤマザキパンの美談の内容と比べますといったい何が正しい商売人の取るべき道なのか分からなくなってしまうわけです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る