スポンサードリンク

役職が風格を作る?容姿が出世の要素になる?

なりたてのほやほやな人は別にしまして大企業の社長は大企業の社長然としていますし、フリーターは一見してフリーターだと分かりますし、風采の上がらない零細企業の社長風な人はやっぱりその通りだったり致します。

これは出世や人生の分岐点におきまして容姿や風格が作用いたしまして貧相な人は上のステージに上がれなくて、見た目の雰囲気がそれなりの人は自然に上に上がっていくのか、逆にそれなりの地位に上がったら後から風格や要望が追い付いてくるのか判断が難しいところですね。

でですね昔、大人から人は顔や見かけで判断しちゃいけないって教わった気がしますけど、立派なオトナになった私自身もそうですし、世間一般の殆どの人が外見や顔で他人を判断するのは普通ですよね。

まぁそうじゃなかったらお見合いの場ですとか見ず知らずの会社や個人宅を訪問して物を売ってくる営業マンの基本としてまずは身だしなみとか言わないはずですし、美容整形がこんなに流行っているはずは無いんですよね。

で最初の話題に戻りますけど私の推測としましては心のありようは自然に顔や表情に現れるものでして、服装なんかも心の状態がそれにあった外見を自然と選択して身につけるって事がスタートだと思うのですよ。

ですから基本的に正直者はそれが顔に出ますし、いいなげんなインチキ営業マンなんてのは基本的にちょっとした時の表情に出るわけですから注意しているとそれが見抜けるんですけど、そーゆーのを超越した存在が役者とか有能な営業マンなんですよね。

つまり何が言いたいのかと言いますと、大企業の役職者然とした風格ですとかやっぱり大きな会社の社長だなって思われるような風格を漂わせている人ってのは、勿論持って生まれた何かがあるとは思いますけど、私が断定いたしますと、それは各自が自分のポジションに見合った表情や風格を醸しだすように演技しているって面が少なくとも最初は有るんだと思いますね。

日本には最近あまり使われなくなった諺で”姿から入って形に”ってのが有ります。

例えば平社員の営業マンから主任ですとか係長ですとか営業課長に昇進してその立場を任されるようになるには、まず姿から入ってって基本を分かっている人は普段の言動ですとか態度を昇進した時のことまで考えて、ある意味、演技から入って自然と自分の本来の姿に同化していきましたってのが実際のところなんじゃないでしょうか?

ですから現実は最初から備わっていたわけでも後から付いてきたわけでもなくて、先ずは姿から入ることの大切さに気がついた人が出世していくってのが多いんだと思います。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 敵と味方
  2. ソニータイマー
  3. 営業の能力に容姿
  4. インターネットの営業力
  5. しつこい営業は嫌われ、熱心な営業は?
  6. 売れない営業社員の原因
  7. お客と敵を間違えるな
  8. 営業社員の世代間ギャップ
  9. 営業ノウハウを蓄積させる方法
  10. インターネット産業は斜陽産業
  11. 鬼の上司
  12. 人事評価、相対評価と好き嫌い、えこひいき
  13. 営業マンの作り話
  14. クラウド・ファンディングの問題点
  15. 女性客相手の営業のコツ
  16. 便乗値上
  17. 地域密着型営業
  18. 役職が風格を作る?
  19. お客を甘やかす事
  20. 価格差とブランド力と販売戦略
  21. 管理職の育成
  22. 女性管理職の問題点
  23. ワンマン社長と後継者
  24. 自滅の営業戦略
  25. 怠け心の押さえ方
  26. ヤマザキパンの美談と商売
  27. 愛社精神の作り方
  28. 迫り来るオリンピック不景気
  29. 英語を社内公用語
  30. 上司の独立、付いて行く部下
  31. 派遣・非正規社員の将来
  32. イラスト似顔絵名刺
  33. 営業コスト削減と人件費
  34. 営業マンの朝
  35. 容姿と営業スタイルの相関関係
  36. リストラ助成金の活用
  37. 経営者の人格とお金の力
  38. 個人保証の債権買い取り
  39. 使えない再就職支援会社
  40. 過去の成功体験と貧乏くじ
  41. 職場の罰金制度
  42. 無能な経営者の特徴
  43. タイアップ商法
  44. 世界統一通貨
  45. 増税と日本経済とグローバリズム
  46. 人手不足の業界と解消策
  47. 所得格差労働意欲
  48. 生活保護受給者の増加
  49. 現代の絶望工場

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る