スポンサードリンク

証券各社レーティング(目標株価変更)

現時点でやっと補正予算が国会で承認された段階でって事は実際にはまだ何もやっていない中で、円安が進んで株価が上昇して業績が好転した企業が増えてきている中で証券会社各社がレーティング(目標株価変更)を発表したとの事。

個別銘柄の事については割愛いたしまして、まずレーティング(目標株価変更)って言葉の意味を調べてみました。

『証券会社などに属するアナリストが銘柄毎に算出している予想株価のことをいう。』

あれっ?解説では予想株価になっていてますが表記は目標株価になっていますよね。

目標って言葉の意味の一つは確かあるべき到着点を定めることで、基本的には目標値(地点)に到達するために行動する事が付帯的についてくると思うのですよ、だって目標ってのは達成するために行動するための指針なんですから、行動が伴わない目標は目標じゃないですよね。

さて話をレーティング(目標株価)変更に戻しますと、実際には証券会社のていの良い株価操作としか思えないのでありまして、証券会社内部で開かれている極秘会議でとある上場企業を選出してその株を事前に購入しておいてからレーティング(目標株価変更)を高く設定いたしまして、それを元に傘下の証券会社が一丸となって営業マンが顧客に対して購入を呼びかけたらどうなるでしょうか?

当然ながら買う人が増えれば株価は上昇してめでたく株価の目標達成して、事前に購入していた株主は笑いが止まらない・・なんて事になる可能性は無いのでしょうか?

まぁ目標株価って表現しているのですからまぁわかりやすいのですけどね。

さてここで日本の株式市場が活性化して健全化するために必要なのは、やはり公開企業の透明性の確保に尽きるのでありまして、投資家は市場の状況と企業の業績および内容を把握して長期的な視点にたって投資できるようになればそれで全て解決ですよね。

そうしたら証券会社なんてものは統計情報をまとめることと株式売買の手数料を稼ぐ以外は不要って事になるのではないでしょうか?

もちろんそんな状態に証券会社が進もうとするわけは無いですし、現実的には難しいと思います。

ただレーティング(目標株価変更)なんてものが発表されているようでは、長期的に株式を保有して企業を応援していこう、国内景気を支えていこうって気持ちで株式取引を始める人よりも、短期的な売買で楽して儲けようって安易な投資家ばかり増えてきてしまうように思うのです。

もしあなたが企業を運営していて株式を公開して株主を募るって事になったら、どっちの株主に自社株を買ってほしいと思うかを考えれば、当然ながら短期的な利益を求める投資家はお断りですよね?

ただ実際には国際的な投資機関が単に目先の利益を求めて動き回っているのが現実ですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. アベノミクス効果薄く、賃上げ「前向き」1割
  2. IMFがドル安と指摘
  3. 安倍首相TPP交渉参加へ
  4. 円急騰に懸念
  5. アベノミクスとは?TPP編
  6. 証券各社レーティング(目標株価変更)
  7. 花粉、黄砂、PM2.5の「トリプルパンチ」
  8. 東京サマーランドでメガソーラー事業を開始
  9. 株価と政治の関係
  10. ウォン高と韓国経済
  11. 公的医療保険は対象外
  12. ファミマ、年収2.2%増へ ローソン・セブンに続き
  13. 中小企業金融円滑化法と連帯保証人
  14. 終身雇用と公務員採用
  15. レッテル張り
  16. 公務員、高齢層の昇給停止
  17. 関税と自由貿易
  18. TPP交渉参加を阻止する方法
  19. コマーシャルと広告効果
  20. 安倍首相がTPP交渉参加を表明
  21. 公的医療保険とグローバル経済
  22. 解雇と再就職と再就職支援金
  23. 金融円滑化法終了対策とリスケ交渉
  24. 高齢者の雇用と定年延長
  25. 炎上商法(炎上マーケティング)
  26. 新卒離職率が低い、ホワイト企業
  27. 公用語と英語
  28. TPPで確実に儲ける方法
  29. アベノミクスとバブル崩壊とブラック・スワン
  30. ブラック企業の見分け方
  31. キャリートレード
  32. 円安批判

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る