スポンサードリンク

コンビニエンスストアは飽和市場か?

どんなに日本国内に需要が有って必要とされるサービスや店舗であっても出店を拡大していきますと必ずどこかで飽和点に達しまして、今度は縮小を余儀なくされるのが世の中の常ですよね?

例えばですね私の済む市ではコンビニエンスストアの店舗数よりも歯科医院の数のほうが多いなんて状態になっていまして、こんな状態ですから医師の資格を持って働いている人の中で一番ワーキングプア率が高いのが歯科医ってのも納得できますね。

さて定年退職後の第二の人生をコンビニエンスストアのオーナーになってコンビニ経営をしようかと考えている人も少なく無いと思いますし、各コンビニエンスストアチェーンのフランチャイズ本部ではもう必死になって広告を出したりして、オーナー経営者の獲得に躍起になっています。

さてここで今後コンビニエンスストアの市場が拡大していくのであれば、立地条件次第では左団扇で生活できるのかもしれませんし、逆に市場は飽和状態で限られたパイをコンビニエンスストア動詞で奪い合っていくような将来でしたら、わざわざ高い加盟金を支払ってドレイ労働を強いられて使い捨てにされちゃうなんて未来に向けて道がひらけてしまうわけです。

さてここで基本的なコンビニ経営における原理原則、基本的なところを抑えておこうと思いますがコンビニ経営なんてのは立地条件の上に全ての努力が乗っかって店舗が運営されていくものだって事なんですね。

ですから今からコンビニ経営に乗り出すと致しまして儲かる場所が残っているかどうかってのが大きいか小さいかって所は誰が考えても分かると思いますけど、実は飽和状態に近くなるに従ってフランチャイズ本部の力の差が歴然と現れてくるんですね。

私自身の推測としてはコンビニ市場ってのは既に飽和状態に突入し始めていると考えていますが、そうなるとですねこれは他の業界においても同じなんですが、より力のある(販売ノウハウの有る)大手が弱小企業の市場を奪っていくって流れになるんですよ。

例えばですねどこかの住宅街でも街道沿いでもビジネス街でも同じなんですけど、既に出店している弱小フランチャイズ加盟のコンビニエンスストアが、オーナー以下全員の頑張りで黒字経営を達成していたとしましょうか?

そうするとですね、いつな間にかその場所に大手で力のあるコンビニエンスストアのチェーン本部が目をつけまして、早速速攻ですぐ近くに自分の看板のチェーン店を開店させるわけですよ。

市場が飽和状態になってきますと必ずそのような大手が中小を飲み込んでいくような展開になりますから、いくら条件が良くても力の無いフランチャイズ本部に加盟するのは先行き暗いと思うのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る