スポンサードリンク

便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件

聞いた話によると消費者庁に今回の消費増税のタイミングでの便乗値上げに関する苦情が一日に100件を超えたそうなのですけど、公共料金ならともかく民間の営利企業が行う値上げに関しては騒ぐのもどうかなと思いますね。

前にも書きましたけど商売人としての基本的な心構えあるべき姿は当然な話ですけどより高く販売して利益を出すことです。

ちゃんと利益を出した商売をすることで従業員の生活も安定かつ向上しますし、お国に収める上納金じゃなかった税金で社会に還元する事が正しい姿なのでありまして、薄利な商売をしていて従業員は低賃金で働かせて利益が出ない赤字状態で税金も発生しないなんて商売は目指してはいけないのでありまして、どんなタイミングだったとしても商売人や企業経営者はちゃんと売上利益の拡大を目指さないといけないわけです。

まぁそりゃ買う方の消費者の立場としては同じものならより安いほうが嬉しい訳ですし、ダメで元々てな感じで消費者庁に文句を言ってみるのも自由なんですけど、既得権益と権力に寄り添って甘い汁を吸っているマスコミが便乗値上げだのどうのうの、まるで営利企業が値上げを断行する事がいけないことのように報道する姿には違和感を感じますね。

私の経営する会社も過去15年間において一年おき位の頻度で提供価格のアップをさせて頂いて来たわけですけど、別に何か理由を考えて説明したこともなく、単に来月から価格改定をさせて頂きます、来月からはこちらの価格表を適応させて頂きますのでよろしくお願い致します程度の案内で、値上げ理由を聞かれましても利益の向上とサービスの向上の両立を図るためですとしか説明しませんでした。

そもそも今回の消費増税なんてものは企業が国に収める法人税が減少している事も要因の一つなのでありまして、もし仮に企業が毎年適正な利益を確保するために値上げをする企業努力を致しまして、法人税収が減収になっていなかったならば、今回のような消費増税も実施されなかった可能性のほうが高いんですけどね。

何と言いますか便乗値上げだのなんだの騒いでいたら企業は利益を減らして法人税の税収が減少して、働いている労働者の賃金も上がるどころか下がることになってしまいまして、またまた消費増税に結びつくなんて風には考えないのでしょうかね?

まぁそこまで考えが至らないから短絡的に消費者庁に便乗値上げだの苦情の電話を入れてしまうのでしょうけど、商売人はそんな声に惑わされないように頑張って利益の追求をしていきたいものです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る