スポンサードリンク

社内の老害対策

私は社員の使い捨てですとか完全能力制の出来高払いみたいな雇用制度には大反対なんですけど、こういった年功序列を否定するような考え方が出てきたのは、やはり一部の古参社員による老害を経験した若い経営者が多くなってきたのも要因だと思います。

将来的にも終身雇用と年功序列が維持されるって事が確約されているんであれば別に大して仕事もしていない年配者が居ても、そりゃいずれ自分もその立場になるんですから、わざわざ自分の将来を壊すような年配社員の高給を非難したりなどといった間違った行為はしないと思いますが、自分が老害のような存在だって自分では気がついていない場合が多いのですよね。

本人にすれば自分は年功序列で若い社員より高い給料を貰っているんだから、その分くらいは一生懸命仕事しようとしているのは理解できるんですけど、その時代遅れだったり今と合わない仕事スタイルで頑張られるのが困るんですよね。

まぁそれがご自身の中で自己完結していれば別に問題はないわけで、これがなんだか若い社員の仕事ぶりを見ていると、どうにも黙っていられないなんて感じで、はっきりいって邪魔をしてくる、もう口出ししてくるたびにこっちのペースが乱されまくりなんてのはまさに老害そのものなわけですよ。

でですね、今も昔も社内における老害って事は有ったわけですけど、私の知る限り何となく能力のピークを迎えだした社員はですね、いわゆる閑職と言われる部署が用意されていて、若い社員の仕事のじゃまをしないように対策が取られていたんですけど、企業もそんな余裕はすっかりなくなってしまって、給料分の働きをするか会社を去るかなんて二者択一の状況に変貌してしまっているのが、逆に老害ってものを大きくしてしまっているようです。

だって年齢を重ねた社員だって首にはなりたくないわけですし、昔みたいにちゃんとピークを超えた社員に閑職なんて用意されていないんですから、社内でひっそりと出来る範囲の仕事をしているなんてのが許されないので、じゃあやっぱり何とか自分の居場所を創りだそうと頑張ってしまわざるを得ないんですから、老害になってしまっているベテラン社員としても辛いところです。

もし私が二十代に逆戻りできて今から新卒で何処かに就職を考えることが出来たとしたら、やはり業績とか将来性とか安定性なんてのも選択の要素に入りますけど、ちゃんと閑職ってのが用意されていてピークを過ぎたら老害と言われる存在にならないように、ひっそりと生息できる場所が用意されている企業がいいですね。

だって若いころは老害さんに仕事の邪魔されないですし、自分が年をとったら老害の原因にならないで済みますからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る