スポンサードリンク

接待と賄賂、効果的な販売促進について

基本的に多くの会社において営業社員には接待交際費が認められていて経理の勘定科目にもちゃんと接待交際費の欄があるわけですから、とても多くの日本企業が程度の差こそ有っても直接、間接的に賄賂を駆使して営業活動をしているとも言えるのではないでしょうか?

私もサラリーマン時代には最終的には使うとか使わないは別にして月に10万円までの接待交際費が認められていたのですけど、これはこれで大切な会社の経費ですからいかに効果的に使って10万円の接待交際費が一千万円の売上につながるように知恵を絞るわけです。

例えばねターゲットに定めた取引先の担当者とのアポイントを昼飯前の11時とかいった午前中の時間で調整をいたしまして、わざと商談を長引かせて昼飯時に被るように致しまして、じゃ後の話は午後に続きをすることにして、飯でも行きましょうかとかね。

又は同じように夕方からのアポイントにするとか、他にも何か商談が成立したとかいった節目にですねターゲットにしたキーマンを接待の席に連れ出すんですよ。

勿論これは接待する相手の考え方ですとか所属する企業の接待を受けることへの考え方なんかが、いまひとつわからない時に先ずはさり気なく千円レベルの昼飯をこっちで出す程度でスタートさせるわけですよ。

さてここで不思議なのは取引の見返りに現金を手渡したらこれは贈収賄の事件になっちゃうんですけど、喫茶店でのお茶代をこっちで出すのは誘ったのが当方なんだから当然セーフ、軽くランチ程度だったらこれも通常の業務の範囲内で問題なし、でそこから先はどうでしょうかね?

接待ゴルフなんてのは日本に資本主義が導入されてゴルフが企業経営者から浸透し始めた頃からの普通にある日本古来の取引先とのコミニュケーション手段ですから、慣習と致しまして当然セーフだと思うんですけどね。

それがですね建前かどうかは別に致しまして、厳しい会社なんかは喫茶店のお茶代なんかも絶対厳禁にしちゃっているとか、喫茶店はセーフだけどそれ以上の接待はするのも受けるのも、ダメ絶対なんだかダメ接待!徹頭徹尾禁止している企業が増えているようです。

まぁ聞くところによりますと関東の企業は厳しくて関西に行くほど接待交際費について甘くなる傾向にあるようですけどね。

さてここで、本コラムを読んでいただいている営業関係者の方にハッキリと言いたいことが有ります。

どうも接待交際に対する世間の風は厳しくなってきたようですけど人間の本質なんてそう簡単に変わるもんじゃないんですから、多くの会社が接待交際費を使わなくなってきた今こそ、法に触れない範囲内での接待営業は昔よりもうんと効果が出るんです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る