スポンサードリンク

ホワイトデイと下心

推測するにバレンタインデイでチョコレートを配給する女性よりもホワイトディで何らかのプレゼントを進呈する男性の方が圧倒的に下心を持ち合わせている場合が多いと思うんですよ。

ただ元々いや商業ベースの販売セールになっているわけですけど一応は異性に対して愛を告白する事が出来るきっかけの日としてのバレンタインデーやホワイトディなんですから下心を持っていないで単にプレゼントを上げるのもおかしい話とも言えますけど、女性と男性では取り組みに関する心構えが違うような気がするんですね。

一応、その根拠を申し述べますとそりゃ私が過去に行なった数少ないホワイトディのプレゼントに際しては、下心が必ず存在していましたからね?たぶんその気持というか下心に相手も薄々は気がついていたんじゃないかと思うのでありまして、私がそうなんですから他の男性も似たり寄ったりじゃないかと結論を得ることが出来るわけですよ。

でね女性の場合はどうかと言いますと、チロルチョコを10個購入して職場の男性全員に配るなんて義理チョコの場合を除きまして、下心じゃなくてちゃんと正々堂々とバレンタインディに気持ちを入れているんじゃないかなって思うわけですよ。

さてこの下心ってやつですけど親切にするだとか何かプレゼントするだとか手心を加えるだとかいった行為に及ぶ際に何か見返りを期待いたしまして、今度の休みに一緒にデートしたいだとか一夜を共にする仲になるのを祈願してだとか有るわけですけど、少し考えればねこれってのは普通の感情表現の一つなのでありまして、程度の差こそ合っても長い人生の中で誰もが一度は下心を持って何か行動したことが有るんじゃないでしょうかね?

まぁそういうのは私が長らく営業畑で働いてきていまして、営業マンがね顧客の事務員さんとか女性社員に優しくするとか、なんかプレゼントを持って行くなんてのは、まプレゼントまでは中々無いと思いますけど、そーゆーのは個人的なお付き合いに発展したいって下心かもしくは取り入っておいて営業的に有利にその会社に取り入ろうかって極めて営利的な下心かどっちかを必ず少しは持っているに違いないんですよ、私の経験からですけどね。

けどやっぱり下心ってのはむしろ良い事だと思っているのでありまして、そーゆー気持ちが誰も持てなくなって仕舞ってストレート勝負一本槍みたいな世の中になってしまったら、そりゃ住みにくい世の中になってしまうと思うのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る