スポンサードリンク

より高く、より多くが営業の基本です。

そりゃ誰だって同じものならより安く買いたいと思うに決まっているんですけど、頭の良くない営業マンほど上司の決済を仰いでだとか、無駄ま理由書を乱発致しましてお客様により安く商品をご提供するのが営業マンの役割だなんて考えている、たぶん頭のネジが緩んでいるんでしょうけどそんな営業マンが驚くべきことに実際に日本中に結構いたりするんですよね。

まぁお客さんの前にいる時ですとか商談の時には本音は一切表情に出さないで、この提示価格が精一杯の金額なんですぅ~なんて演技を交えて実際にはしっかり粗利益を確保しているまともな考えを持った営業マンも少なくないのですけど、異次元の信念に裏打ちされた営業活動に勤しむ人も多いんですよね。

ここで考えて欲しいのですが一個販売して1万円の利益を得る場合と、一個販売して五千円の利益を得て倍の販売数量を確保しなくちゃいけない場合のどっちが営業活動として大変な状態なのかって事なんですよ。

それにもし崇高な理念を持って営業職で働いているんでしたら、より高くより多くの商品や製品を販売致しまして、会社に利益を与えて会社は利益の中から税金の形で社会に還元したほうがより崇高な目的を達成出来ますからね。

でですね、この考え方の基本を一人の営業マンがしているんであれば、営業実績ゼロよりも粗利額が少なくても売上ゼロよりはマシだとか、営業会議で追求されないように仕方がなくなんて理由である程度は理解できるところもあるんですけど、何を間違ったのか経営に携わる非常に稀なごく一部の人の中にも、安く売るのがお客さんにとって良いことで我が社の喜びなんて間違った考えで経営している人も、信じられないことにいらっしゃるようですね?

あのねその目的を達成するために従業員の大部分をパート社員にして時給を最低限に抑えて、国に収める税金も最低限でなんて状態では誰も幸せにはならないんですよね、どーせ仕入先にもつまらない理由をつけて値下げを懇願しているに違いないんですからね。

やっぱりまず経営者がより高くより多くの販売を追求致しまして、従業員や国に対して還元をするのが経営者の優劣を判断するバロメーターみたいな風潮にならないと日本の将来は明るくないと思うんですよ。

そのために一人ひとりの営業マンや経営者がより高くより多くの販売を追求致しまして、間違っても安い労働力を海外から移植するために移民政策なんてのを推進しないように社会の風潮を変えていく必要があると思うのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る