スポンサードリンク

消費増税のピンチをチャンスに出来る?

どっかの100円ショップの経営者さんだったと思いますが今回の消費増税は我社にとって千載一遇のチャンスだとかなんとかいった発言を目にした記憶がありますけど、私が思うにはこれはポジショントークが半分くらい混ざっているような気がしますね。

そりゃそうでしょ!増税を目前に控えて大変だ!とか経営が苦しくなりますなんてネガティブな発言をしていては社員の士気に大いに影響しますし、対外的にも強気の発言をしておいたほうがメリットがあると考えての発言でしょうね?

実際のところ消費増税分だけ消費者が商品の購入に使える現金が減少するわけですから、どう考えても売上や経営に与える要素としてはマイナス要因でしか無いわけですけど、たぶん希望的観測を含めて増税によって節約志向が高まって多くの消費者が安物買いの銭失い的な行動に走るだろうから100円ショップが繁盛するなんて感じなのでしょうか?

まぁ経営者なんてのは常に前向きの姿勢でポジティブシンキングに徹する事は良いことですから、これはこれで肯定できる発言ですけどね。

さてでは消費増税をきっかけに事業拡大やら売上増大のチャンスに変えるって事の本質について考えてみたいと思います。

ネットでざっと見た限りの話ですけど増税をチャンスに変えるってのは、大部分の場合においてこの機会に同業ライバル他社にシェアですとか売上を我が社が頂いてしまいましょうみたいな発想ですね。

私の知る限りにおいては増税を機会にして新たな市場や需要を創造するなんて経営方針は見当たらなくて、単なる販売競争の延長上にある飛躍の想像のような気がしますね。

ですから増税時期に併せてあえて販売価格の下げに挑むような値下げ営業戦略に走るような企業が出てくるわけですけど、いい加減に勝者なき商売みたいな路線と決別したほうが良いのでは無いでしょうかね?

さて消費増税を企業飛躍のチャンスに変える方法みたいな情報を探してこのページに辿り着いた人には大変申し訳無いのですが、私も色々考えましたが消費者の可処分所得が減少する中での妙案なんぞ浮かぶわけもなく、仮に方法を発見したとしてもわざわざ公表するほど奇特な精神も持ち合わせていないのです。

私を含めまして多くの商売をされている方が今は増税前の駆け込み需要対策で忙しい日々を送っていて、増税後の事なんて考える暇もないなんて状況では無いかと思いますが、4月以降にその反動が一気にやってきてアレ?どうしましょうなんて感じになってしまう経営者も多いのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 営業情報?家電製品に限らず壊れだすと次々に伝染する理由
  2. ホワイトデイと下心
  3. 連続勤務と会社の責任
  4. 誰がやっても儲かる商売
  5. 時にはダチョウの危機管理
  6. 八方美人の営業マン
  7. カメレオン商法
  8. 優秀な部下が正しい上司になる方法
  9. 弱者の営業戦略
  10. 人件費の問題
  11. 人をやる気にさせる言葉と方法
  12. 決まる見積書
  13. 賃上げ交渉とストライキ
  14. 物忘れ対策
  15. 何の取り柄もない人の職業選択と就職
  16. コンビニエンスストアは飽和市場か?
  17. 下手な営業も数撃ちゃ当たる?
  18. 営業戦略と逆張り
  19. 苦手な訪問先の克服
  20. 営業活動と負の連鎖と上司の手助け
  21. 短時間で疲れを取る方法
  22. より高く、より多くが営業の基本です。
  23. 営業は押しても駄目なら諦める
  24. 顧客満足度と売上目標の設定
  25. 売上不振の責任と対応
  26. 忘れっぽい人は仕事ができる
  27. 手抜き営業と要領営業マン
  28. 売上目標の設定と外的要因
  29. 営業活動のマニュアル化
  30. ピンチをチャンスに
  31. 買う気にさせる言葉と雰囲気
  32. 接待、効果的な販売促進
  33. 社内の老害対策
  34. 営業手当の相場と離職率
  35. 営業の守備範囲はと営業力
  36. 出世と身長と風貌と業界の関係
  37. 社員の多様性と組織崩壊
  38. 社長(経営者)は割に合わない?
  39. 消費増税で業績を伸ばす企業
  40. 営業力と虚像と経費削減
  41. SHHOを取り巻く環境
  42. 頭の切り替えとリセットの方法
  43. 営業責任者とポジショントーク
  44. ダメ営業マン
  45. 顧客のポテンシャル
  46. トイレの問題
  47. 忙しいのは良いことなの?
  48. 便乗値上げで騒ぐほうがおかしい件
  49. タイアップキャンペーンの注意点
  50. 売上のボーナスステージ

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る