スポンサードリンク

代理店営業のコツとツボ

私は長らく某ソフトメーカーの営業をやっていたわけですけど、販売方法は直販と言われるエンドユーザーへの直接販売が約三割で代理店を経由しての販売が残り七割程度だったと記憶しています。

最初のうちは直販が殆どで徐々に販売代理店を開拓していって、開拓した代理店が販売力を付けてきて徐々に代理店経由の販売量が増えていったんですけど、代理店営業にはうまくいくためのコツやツボがあってその方法をちゃんと実践できた営業マンが売上成績を伸ばしていったものです。

さて代理店営業のスタートは新規開拓からのスタートですけどこれはさほど難しい事では無くて決められたフォーマットで作成したダイレクトメールを送付したり飛び込みで訪問したり致しまして、特に加盟金が必要なわけでもなく、さほど苦労した記憶はないのですけど、そこから安定して一定の売上を上げてもらえるようになるまでは営業マンの腕の見せどころなんですよね。

でね一般的には勉強会の開催ですと代理店の営業責任者に取り入るとかあるんですけど、短期間で着実にそれなりの販売をコンスタントにしてくれるようになる方法が一つだけあります。

簡単に書いてしまえば営業同行なんですけどその時の段取りといいますか人選には大きな鍵があります。

つまりですね代理店にも複数の営業マンが在籍していてお客を回っているんですけど、どんな代理店でも一人くらい箸にも棒にもかからないと言いますか売上がまともに出ないダメ営業マンが存在しますけど、その営業マンをターゲットにすることが成功への第一歩なんですよ。

まず営業責任者へ話を通すわけですけど、営業同行をお願いする時に一番売り上げ的に困っている営業マンと数日しっかり同行営業をさせて下さいと申し出るわけです。

営業責任者としては売れてない営業マンでしたら同行営業にOkを出してくれるのが普通でして、同行営業に責任者の許可が出たら数日間の動向で何が何でも結果を出すってことだけなんですね。

私が売っていた商材は一件の成約で500万円前後の売り上げが確保できる大型の商材だったせいもあるんですけど、いままで営業成績下位の定位置で燻っていたダメ営業マンが私と数日同行して一見成約が出るだけでいきなりトップの成績を出しちゃうなんて感じになるわけですよ、売れればの話ですけどね。

それが成功すると他の営業マンも自分から営業同行を頼んできたり見込みを出してきたりするのでありまして、気がついたら戦力にカウントできる代理店が出来上がっているといった具合です。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る