スポンサードリンク

会社に行きたくない時

私の中途半端に長い会社員生活の間に年に何回かは、あぁ今日は会社に行きたくないなって思ったことが有ります。

理由はいろいろで単純に昨夜接待で飲み過ぎて二日酔いの局地みたいなものから、どうも今月の売上が絶不調で今日は午後から営業会議が有るとか、自分の管轄している営業所の売上が相当低迷していて今日は本社から社長がやってくる日だとかね?

まぁそれでも別に命まで取られる事は絶対にありませんから意を決してえいやって感じで出社してしまえば別にどうってこと無きゃいいんですけど、途中で早退して家に逃げ戻りたくなるような事も有りましたね。

ただ不思議なことにクレームが発生して今日は粘着質のクレーマーの相手をしなくちゃいけない日だとか、社外のトラブルが原因で会社に行きたくないって日は一切なかったと記憶しています。

多分コレはラッキーな事に私が良い会社に在籍することが出来たからと言いますか、多少の難はあっても人間関係の良好な会社に在籍していたからなのでは無いかと思います。

えっ!それって逆じゃないかって声が聞こえてきそうで人間関係が良好な職場だったらむしろ社外のトラブルやクレーム等を抱えていて会社に行きたくないと感じるのではと思われる人も多いのかと推測しますがそうじゃないんですね。

何と言いますかいくら会社を出て営業先で不愉快な思いをしたり理不尽な扱いを受けたり、たちの良くないお客に翻弄されたり大きなクレームにまで発展したとしても社内の人間関係が良好でしたら、ちゃんと帰る場所が有ると言いますか、安全地帯を確保している状態ですから、別に社外で色々あってもその場限りの話で営業活動に支障が出る事も無かったわけです。

しかし人間関係が良好な職場だからこそ、社内で立場がなくなるような局面になりそうだとか、営業活動の成果が出なくて売上未達成なんて状況に陥りまして、もしかしたら自分の立場が無くなるなんて時に、あぁ会社に行きたくないなぁなんて感じたわけですよ。

それでも結局は出社致しまして自分なりにベストを尽くしてきたと過去を振り返るわけですけど、その会社に行く時に行きたくないと感じても、やっぱり出社する原動力やモチベーションはなんだったんでしょうかね?

やっぱり自分の生活が一番とでも言えば良いのでしょうか、会社に行って働いて給料を貰わないと家族との生活が成り立たなくなってしまうからって極めて消極的で受動的な理由でやっぱり会社に行きましょうって事になったのが実情なんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る