スポンサードリンク

顔で損する人、得する人

昼間社内にいると時々いろんな訪問販売の人がやって来まして、特に自宅兼事務所で営業していますとその数が多いのです。

でですね、やってきたのが美人のお姉さんだった場合とホームレスと見分けがつかないような、おっさんだった場合では当然ですけど扱いが180度違うのでありまして、美人のお姉さんでしたら素早く応接室に招き入れましてお茶などをそそくさとお出しするわけですが、ホームレス風のおじさんでしたら0.2秒で判断致しまして素早くドアを閉めてしまうのです。

これは特に極端な例になりますけどやっぱり初対面の見知らぬ人を判断するための情報は身なりに加えて、やっぱりその人の性格を表す顔や表情しか無いわけですから、見知らぬ人と接触してから仕事が始まる営業マンの場合において中には顔で損をしている人もたくさんいると思うのです。

それは別に美人だとか二枚目だとかよりも、誠実じゃなさそうだとか第一印象で嫌悪感を感じるだとか、いかにもバカみたいな顔を持っている人です。

そりゃ小さい頃に人を顔や見かけで判断してはいけないと教わってきたわけですけど、みんさんも経験から理解していると思いますが、いかにもアホみたいな弛緩した顔をしている人はやっぱり中身の方もアホそのものですし、きつい顔している人はやっぱり攻撃的な性格を持っているものなんですよね。

まぁある程度は髪型ですとかメガネなどの小道具で損な顔立ちを緩和する事が出来るわけですけど、昔どこかで聞いた話では人は自然と自分の顔立ちにマッチするような髪型だとか服装を選ぶらしいですから、その流れでいきますと下手すると、損な顔が更に増幅されてしまうじゃないでしょうか?

では自分の顔で外から見てもハッキリ分かるハンデキャップを背負っている営業マンは救われないかと申しますと、ダーウィンの進化論を引き合いに出すまでもなく?ちょっと違うかな?人の顔や表情や雰囲気ってのは別に人為的に整形なんてしなくても数年で驚くほど変化しちゃうんですよ。

あなたも暫く見ないうちにすっかり苦労が顔に出ているなんて人を見たことがあるでしょうけど、人ってのは自分の所属する組織ですとか生業によってちゃんとそれに見合う顔になるんですよ。

これは10年パン屋さんをやっていると自然とパン屋さんの顔になりますし、同じように鍋の蓋を訪問販売しているといつの間にか誰が見ても全身これ鍋蓋の営業マンにちゃんと顔が変わってきますから、余計なことは考えないで仕事に邁進すればちゃんと道はひらけるのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る