スポンサードリンク

お客の風上に立つ営業スタイルと風下に立つ営業マン

別にどっちが良いとか優れているといった類の話じゃなくて営業スタイルとして何となくお客の風上にたって上から目線で話をしてちゃんと実績を上げる営業スタイルと、逆に風下になってお客に気に入られて買ってもらう営業スタイルが有りますね。

風下に立って営業活動をするのは誰でも出来ると言っても良いのかもしれませんけど、お客の風上に立つにはやっぱり圧倒的な商品知識であるとか業界の情報を事細かく知って居るだとか、相手にとって非常に有益な商談を提供できる営業マンだけが可能な営業スタイルです。

私の場合は二十代で営業の世界に飛び込んでから風上・風下のどちらも対応できる状態で実際の営業活動では状況に応じてどちらかを使い分けてきたのですけど、これは別に私の能力とは一切関係の無い話です。

私がお客の風上に立つ営業スタイルを取ることが出来た理由は簡単で、世の中にまだワープロが普及してやっとパソコンがこれから普及をし始めるって時にこのコンピューター業界に入りましたから、普通に社内で受ける技術的な研修を受けるだけで、自然とこっちが圧倒的な知識量で営業トークを展開させる事ができたからです。

でね最初に書きましたけどこの両極端な2つの営業スタイルってのは、ケースバイケースで商談をする相手によってどっちが有効的な営業活動なのか全く違ってくるものですから、そうですね販売する商材にもよりますけど営業を始めて10年も経過したら、どっちでも対応できるようになりたいものですね。

まぁ若いうちはせいぜいお客の風下で一生懸命修行をしてベテランになったら営業スタイルの幅を広げていくのが普通で、年齢を重ねまして顔や体格を含めた風貌がそれなりに立派になってきたら出来るって営業スタイルも有りますからね。

逆にですね若い頃からお客の風上に立つ営業スタイルしかしてこないまま中年のベテラン営業マンに育ってしまった場合は、結構その存在は脆く感じますね。

今の御時世ですからいつ何時、転職しなくちゃいけなくなるのか分かったもんじゃありませんし、インターネットの普及ですとかお客のほうだっていつまでも風下に立って営業マンと接したいと思っているわけは無いのですから、片方の上から営業マンしか出来ないとそれはもう、自ら営業先のお客の選択を狭くしているようなもので、とても不利な状況になってしまうわけです。

勿論、逆にお客の風下に立ってしか営業活動が出来ないってのもやっぱり大きなマイナス要因だと思うのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る