スポンサードリンク

新規顧客開拓用ダウジングロッド

ダウジングって手法はご存知でしょうか?

これは元々地下の水脈を発見するための技術で、L字型の棒(ロッド)を左右それぞれの手に持って頭に探したい物や念じながら歩きまわると、探している物の上にさしかかったら、自然にL字型のロッドが左右に開いてその場所を教えてくれる不思議な力です。

他にも別に現地を歩きまわらなくても地図の上に糸の下にオモリを付けて探索しますと、頭に思い浮かべた探しものの上に来ると、糸の先にぶら下がっているオモリが左右に揺れ出す方法も有ります。

私がこのダウジングの事を初めて知ったのは、中島らも著「ガダラの豚」の中での事ですけど、これは空想やSFの世界の中の話ではなく、実際に水脈や金脈や古い水道管を探し出すために今でも使われている手法なのだそうです。

さてここで気になるのが営業活動においてこのダウジングの手法が使えるのかどうかって事と、もしその効果が実証されれば営業マン向けに新規顧客開拓用のダウジングロッドを販売すれば大ヒットするかもしれませんし、そんな事をしなくても自分で営業をする際に、無闇矢鱈と飛び込み営業を繰り返さなくても、ダウジングの手法を使って効果的に売れる可能性のある見込み客だけに新規顧客開拓の訪問が出来ますからね。

まぁ実際には町中を変なL型のロッドを両手に持って歩き回っていたりしたら、不審者と思われちゃいますからやるとしたら、地図と糸の先におもりを付けたもので、地図上で見込み客を探す方法になるでしょうけどね?

さてこのダウジングロッドを使った探しもの発見方法についてはまだまだ未解明の部分が多くて一説にはレナード効果なるものも有りますけど、人が本来持っている不思議な能力であることには間違いないのでしょう。

そういえば飛び込み営業の世界ではどう考えても営業活動に費やしている時間はとても短くて喫茶店でお茶ばかりしているし、当然な事ながら訪問する件数も少ないのに何故か営業成績はトップクラスなんて人が結構どこの訪問販売系の会社にも一人は居たりします。

このような人はどう考えても個人宅にしても企業でも外観から見込み客になる可能性があるのかどうか分かるようにしか思えないのですけど、もしかしたら背広のポケットの中に密かに小さなダウジングロッドを忍ばせているのかもしれませんし、もしくは営業の前日に地図の上でダウジングロッドを行いまして事前に訪問先の目星をつけているのかもしれませんね。

まぁ気になるのでしたら試してみてください、もしあなたが見込み客の開拓が上手く出来なくて毎日苦労の連続でしたら試してみるのも手ですよね、どうせ失敗しても今の状態と同じなんですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る