スポンサードリンク

給料日前需要

個人向けに商売をやっている小売店では多くの人が給料をもらう毎月25日から数日間はみんなの懐が暖かくなるので売上が伸びると言われていますけど、それって計画的にお金を使わない人が多い現れのように感じますし、それだからサラ金・最近じゃ消費者金融と言われる金貸しが商売できる素地があるんでしょうかね?

個人的な事を言いますと私の場合は給料日後よりも給料日前需要のほうが大きいのであります。

十数年前に独立してから毎月一定額の給料が入る事もなくなりまして不安定な状態になったわけですけど、サラリーマン時代もそうだったんですけど一応家計の方も計画的にといいますか現金収入が入っても財布の紐が緩むことは無いのです。

逆にですね現金収入が有っても不測の事態に備えまして一定の節約をしておいて、給料日前に結構残っているじゃんなんて感じに給料日前に余裕が有る中から贅沢をと言いますか単なるお金の無駄使いのような事をする、いわば給料日前需要のほうが実感が湧くわけですね。

さて書きたいことが書き終わってだいぶスペースに余裕が有るので違うことを書きますけど、携帯電話の普及によって日本に限らずみんなその分だけ貧しくなりましたね。

人によって個人差は大きいのですけど携帯電話を所有してネットの接続契約を結んで通話も使うとなると普通に毎月一万円は出費するわけですよね。

携帯電話なんてそのものが存在しなかった頃と比べて大多数の人の懐から毎月一万円なりが消えるようになったわけですが、例えばこの分の現金が通信キャリアに支払われなかった時代でしたら、それが書籍になったり何らかの物品の購入になったわけですよ。

ところがですねみんなが携帯電話を持つようになって通信キャリアにいくらお金を支払っても、手元になにも残らないので有りまして強いて言えば何らかのコンテンツの購入した場合に残るといえば残りますけど、所詮は携帯電話本体を所有していないと使用できない代物ですから、完全に購入したものの所有をしているとは言えないと思います。

先日docomoが完全定額の通信プランを発表したりイオンなどが低価格の通信費を売りにこの業界に参入をするなんて話題がありましたけど、今の通信費が平均して半分くらいになれば、その分だけみんなの可処分所得が増えるような状態になるわけで、少しは景気の回復につながるのでしょうかね?

計算上は通信費の売上発生も名目GDPにカウントされて居るわけですけど実感として通信費の支払いが増えて景気の回復になるようには思えませんし、逆に景気の足を引っ張る事になると思うのですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る