スポンサードリンク

人を見て見積書を出すことの是非

先に断っておきますが私は見積書を作成する際には人を見て出しますから、同じ内容の見積もりでも人によってご提示する最終金額に隔たりが有ります、なんて聞いてどう思いますか?

見積書の提出段階というのかお客さんに購入してもらうまでの営業ストーリー終盤の山場を目前にした段階での営業活動なんですけど、欲を言えばより高くより大きな粗利益を追求するのが営業マンの勤めなんですけど、少なくとも売れたは良いけど損をする事のないようにしなくてはいけません。

特に私のようなソフトの受託開発のような仕事ですと、やっぱり人や状況を見て適切な見積もりの作成提出が必要になってくるのだと経験を積む毎に実感するのであります。

具体的に書きますと企業のWebサイトの構築案件を受注して作成をする場合で考えますと、見積書の段階では最終的なデザインも完全に決定していませんし、おおまかなページ構成は分かっていても各ページごとの詳細な内容は受注してからの話で、受注後のクライアントから受け取って作業を進めることになります。

これが打ち合わせしたり作成する担当者がそのままお客の最終決定件者で、しかもごていしゅついただく資料はとても丁寧にわかりやすく作ってあって、更に後からの変更も皆無なんて場合でしたらサイトの規模にもよりますがまぁ3日もあれば完成しちゃうわけです。

かたやこっちの話もよく聞かないで金額だけで発注を決めて、制作に関わるお客の担当者は何の権限も持っていないために、一度指示をされて作成たコンテンツが担当者の向こう側に居る見えない責任者の存在で何度も作り直しになって、完成まで三ヶ月もかかってしまう。

なんて事は別にオーバーな表現でも何でもなくて、私のようなWebコンテンツの制作会社の営業マンでしたら日常的に経験していることだと思います。

他にも後から色々と追加要望が出てきそうな雰囲気で、まぁ口出ししてくる人が大勢いる様子で事前にだいたい分かるわけですけど、更に予算を獲得してからの発注案件で年間予算でやっているので追加要望に対しての追加請求は絶対に無理なんて場合にも、見積書の提出段階でその辺りを十分に加味して、平たく言えば後で少々の事があっても損しないように予め高めの見積を出しておくわけですけど、そーゆー事が普通に出来ないと私の業界で営業マンは務まらないわけですよ。

人を見て見積書の金額を変化させるって聞きますと、場合によっては他人の足元を見て利益を追求するように思われてしまうかもしれませんけど、実際は全てのお客様に公平な見積を出すために必要な事なんですね。

ご理解いただけますでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る