スポンサードリンク

売らない決断と会社命令

売上不振にあえいでいる営業マンは販売してはいけないお客や商品を販売してしまってあとでもっと苦労する事が結構あるのでは無いでしょうか?

どう考えても後々ハマりそうなお客なんだけど今月の売上は贔屓目に見ても最低レベルだし、今は目先の売り上げのことだけを考えよう、今日も売上がなかったら激しく叱責されるしみたいな感じで、販売を致しましてその日とか当月だけは何とかその甲斐あって及第点を貰えたけれど、翌月に大クレーム発生ですとか、代金の回収が出来なくて大変な事態に陥るだとか、なんだかんだと余計な手間を取られてそれから他の営業活動に支障が出てしまって、もっと売れない状況になってしまったりクレームの噂が広がってしまったりと、俗にいうドツボにはまるなんて経験をした営業マンも少なく無いと思います。

こんなことを書いている私だって過去にはそんな経験をしていますし、あっこれは販売してはダメだ売らない決断がちゃんと出来るようになったのは三十歳を過ぎてからでしょうか?

まぁそれはある程度は営業力が向上したせいも有るのでしょうけど、経験を積みまして今月の売上だけじゃなくて少し長期的な視野に立った考え方が出来るようになったのかもしれません。

ただですね念の為に書いておきますと、余程のことがない限り未だ経験が浅い営業マンの場合においては、あまり後のことまで考えて、安直に売らない決断をしてしまうってのも問題だと思います。

何故ならばクレームにしても大変な代金回収業務でも、経験を繰り返すことによってクレームに発展しないように立ちまわったり、売るからには確実に代金回収まで出来る営業活動が出来るようになるからです。

さてここで問題になってくるのは会社命令ってものです。

これも私に経験がありますけど、かなり完成度が低い製品だけれども、これを積極的に販売しないと会社が売上の確保ができないとか、場合によっては会社が立ち行かなくなるなんて場合において、色々問題が有ることは分かっているけれどそれは脇に置いて今はこれで売上を作ることだけを考えて行動しなくちゃいけない場合です。

営業マン個人としてはこんな商品をお勧め致しまして買って頂いたら、まぁ会社の評判は落ちるでしょうし何より自分を信用して買ってくれるお客に対して後で出せる顔がないなんて感じです。

まぁこんな時にもやっぱり販売や売上を優先して考えなくてはいけないのが営業マンの宿命なので有りまして、それでも経験を積んでベテランになりますと、そんな時の立ち回りの上手な方法が徐々に身に付いてくるものなのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る