スポンサードリンク

夢が叶う会社

青い鳥症候群と言われる理想の会社を探して転職を繰り返す人の中には漠然と夢が叶う会社を探し歩いているって人がかつては多数居ました。

何故過去形に表現がなってしまうかと言いますとここ15年ですっかり景気は後退してしまって、特に正社員として働いている人が安易に会社を退職して転職をすると高い確率で今までよりも条件や待遇が下がってしまうからなので有りまして、夢が叶う理想の会社を探す人はすっかり少なくなってしまったような気がします。

で思うのですけど”あなたの夢を叶えます!”とかあなたの夢は何ですか?”などといった言葉で求人募集をしている会社といえば、高い確率で訪問販売系の営業マンの募集だったり私の偏見で言えば逆に社員をこき使いましょうなんて企業の方が多いような気がするんですよね。

思うに夢とか希望ってのは別に豪邸に住んで高級車に貴金属に囲まれてなんてもんじゃなくて、少なくとも定年退職までは安心して働いていけてそれなりに普通の生活が確保されることといった、最低限の事が確保されて初めてささやかな夢からもう少し大きな夢までを誰もが手に入れようとすることが出来るんですよね。

ですから別に高給優遇だとか高額な歩合給で夢を叶えますなんてよりも、入社した以上は定年退職のその日までちゃんと社内に居場所が有って、社内の人間関係もそれなりに良好で僅かで毎年の昇給があるって、一昔前でしたら普通の会社が今の状況では夢が叶う会社と言えるのではないでしょうか?

そりゃ昔景気が良かった時代でしたら、高給優遇とか目先の収入を第一に会社を選んで何らかの夢をかなえるのもよし、もし思うような収入を得られなかったとしても景気が良ければ中途採用でいくらでも待遇の良い企業に転職できるチャンスも逢ったんですから、今と一昔まえと夢が叶う会社の定義が変わってもおかしくないんですよ。

しっかし安定したしっかりした会社とやらも時価総額なんだか株主の利益なんだか知りませんけど、会社全体が利益を出していてもたまたま所属した部門が赤字だったら不採算部門を切り捨ててなんて事になりますし、中々夢が叶う会社を見つけるのがどんどん難しくなってきたような気がします。

ですから今務めている会社にいても夢は一生かなわないなんて簡単に考えて転職を決意するんでしたら、とにかく冷静に冷めた頭でよく考えて時には踏みとどまる勇気を持つことが、ささやかな夢さえも手放さなくて良い方法だったりするのかもしれませんよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る