スポンサードリンク

営業の接待と残業代

基本的に多くの会社では営業マンには残業代を支払わない代わりに営業手当の支給ですとか、みなし残業手当と言われる一律の残業代を支給している場合が殆どなのですけど、業務時間外の仕事について残業代は発生するかどうかについて考えてみたいと思います。

この事について結論から書きますと例え申請すれば残業代が貰えるとしても、会社の金で飲食を営業マン自身もするわけですし、接待営業ってのもそれはそれで自分の勉強やスキルアップや何よりも自分の人脈を広げられるなんて大きなメリットを受けるわけですから、申請できるとしてもするものじゃ無いと思いますし、制度としても残業代は不要だと思いますね。

まぁ人によってはね仕事だから嫌な相手とも設定の場所に繰り出すわけで、自分としては仕事ってのは業務の時間内に片付ける事がプロの仕事だし、接待なんてものはそもそも不要だと考えている人にとっては、接待によってプライベートな時間が短縮された分は会社に残業代として請求すべきだと考えるのでしょうけど、それだったら会社に対して自分は接待は一切致しませんが売上目標はきっちり達成いたしますと宣言して、それを実行すれば良いのではないでしょうか?

けど私を含めまして私の知る限りにおいては口ではなんだかんだと言いながら、結局は接待営業を楽しんでいる人が圧倒的に多いのが現実ですし、定年退職ですとか会社の方針の変更によって自分が接待交際費を一切使えなくなった途端に、今までは愚痴を言っていたくせに今度は接待営業をやっていた頃を懐かしがるなんて人も多いようですからね。

これは実際に接待営業をやった人なら分かると思いますけど、そりゃ最初はね確かに会社対会社のつながりから始まるわけですけど、別に営業マンと取引先ってのは基本的に普段から中が良いのが普通ですから、接待の場所に何度も一緒に出かけているうちに、中身ってのはまず殆どが個人同士のお付き合いになってくるのでありまして、人脈作りの面から考えますとその接待営業ってのは会社同士の繋がりを強くするような意味合いや目的や結果はとても割合が低くて、もっぱら営業マンと接待を受ける相手の企業の担当者との繋がりを強くする面が圧倒的な大部分になるのです。

って事はですね会社の経費を自分のお金のように使いまして、飲み食いをして楽しいひと時を過ごして更には自分の人脈まで広がってしまう一石三鳥が接待営業なんですから、間違っても残業代なんぞ貰うべき代物じゃないんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 市場の声と心のアンテナ
  2. 邪魔をする上司
  3. 後継者と徳川家康
  4. 代理店営業のコツとツボ
  5. 値上げと営業トーク
  6. 営業の仕事に見切り
  7. 夢が叶う会社
  8. 打たれ弱い人の特徴
  9. 外見に気を配る
  10. 部下は無能に見えるものだけど
  11. 接待営業と二日酔い対策
  12. シャワー効果(営業戦略)について考える
  13. 机の配置とコミニュケーション
  14. 営業の仕事と社内の居心地
  15. 人を見て見積書を出す
  16. 給料日前需要
  17. 長期展望の人材育成と時間軸
  18. 販売促進策と世間の空気
  19. お金に意思はあるのか?
  20. 売上と呼び水効果
  21. 売上目標とロミオとジュリエット効果
  22. 売り切れ商法や品薄商法
  23. 箸とポテトチップス
  24. 営業は怠ける
  25. 営業の接待と残業代
  26. 広告宣伝とネーミングのインパクト
  27. 新規顧客開拓用ダウジングロッド
  28. 上司が鬼になる必要
  29. 顔で損する人、得する人
  30. 会社の格と営業のステージ
  31. 姿からはいって形に
  32. 集団営業力アップ
  33. ニートやフリーター
  34. 失われた二十代
  35. 他人の感情をコントロールする方法
  36. 売上低迷と犯人探し
  37. 人手不足と営業継続の問題
  38. ゲン担ぎと営業マン
  39. 売らない決断と会社命令
  40. お客の風上
  41. 社内の異性の目
  42. 四匹目のドジョウ
  43. 人手不足対策と給料や人件費の問題
  44. 流行る店の法則
  45. 雰囲気を読みすぎ
  46. 競争原理と共存
  47. 会社に行きたくない時
  48. お金に変える力
  49. リスクに挑戦しない経営の勝ち
  50. 経営状況と精神状態と雰囲気

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る