スポンサードリンク

仕事を遊びにできるか?

よく例え話に出される例として趣味でマラソンをやっている人って結構いらっしゃいますよね?

私から見ればマラソンなんてのは辛い苦行以外の何物でもなくて、マラソンを趣味にして毎日の日課にしている人は理解できないのですけど、たぶんやっているご本人は走るのが楽しくてやっているのでしょう。

同じ徹夜で何かをやる場合でも仕事になるとやっぱりキツイとか大変だなんてのが気持ちに出てくるわけですけど、これが趣味の世界に没頭してとか遊びに熱中しての場合ですと、疲れるとか辛いなんてのは微塵も出てこなくて、ハツラツとして取り組んだりするわけですよ。

でですね趣味が講じて本業になるとか好きこそものの上手なれなんて言葉があるように、料理が好きな人が飲食店のコックさんをしたりパソコンのプログラミングが趣味で本業でも同じことをやっているなんて人は大勢いらっしゃると思いますけど、私が長年働いてきた営業の世界ではどうでしょうかね?

まぁ基本的に人とのコミュニケーションを楽しめる人は多いと思いますし、売上成績絶好調で売上実績によって多額の報酬を手にすることが出来て仕事が楽しくて仕方がない人は多いのでしょうけど、なかなか遊びイコール営業の仕事って人は居ないでしょうね?

やっぱり人とのコミュニケーションを楽しむことが出来る人であってもこれが営業の仕事になりますと、何百人か一人の割合で嫌なお客ってのも出てきちゃいますし、売上が目標に届かないと上司に叱責されたりしちゃいますから、やっぱりお客と接する時には何か買って貰って売上を計上することが優先になってしまうので、営業の仕事は遊びであっていくら営業活動をしても疲れない、新規顧客開拓なんてのは最高に楽しい遊びだから休みの日も会社に無断で新規顧客開拓しちゃうなんて人はまずいないですよね。

まぁそこまで完全に営業の仕事が趣味や遊びにならなくても、何処かに遊びの要素ですとかが入っていれば売上に追われるだけじゃなくてどこかで楽しめるんじゃないかなって思います。

でねどこかのゲーム開発会社が営業マンのロールプレイングゲームを開発しないでしょうかね?

新入社員として入社した主人公が先ずは新規顧客開拓から始めて徐々に能力をアップさせて行ったり、途中で様々な営業ツールアイテムをゲットしたりクレームがイベントとして発生したりですね、とにかく日本一の売上を達成するために頑張るゲームなんてね。

まぁ誰も買わないでしょうし私も買いませんけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る