スポンサードリンク

職場の雰囲気と売上と責任者の関係

全国に営業所を展開しているような企業ですと非常によく分かるんですけど、営業成績が良好な職場は基本的に雰囲気も明るくて活気があるわけで、まぁ例外としては営業所長が独裁者みたいな感じで君臨していて目標未達は絶対に許さないみたいな某国のよう場合もありますけど、基本的ンは職場の雰囲気と営業関関には相関関係が有るんですよね。

ここで一つ疑問が湧いてくるのが職場の雰囲気が良いから売上なり営業成績が良好なのか、それとも逆で売上や営業成績が良いから職場の雰囲気も良いって事になるのかって事です。

ここで一つの答えを書きますと職場の雰囲気と営業成績の相関関係がどちらの主従関係で有ったとしても、職場の雰囲気が暗かったり良くない状態はプラスに働くことが一切なくて、マイナスにしか作用しないって事ですよ。

逆に職場の雰囲気が明るかったり良好って事は少なくとマイナスには働きませんってのが証明されているんですから、特に現場の責任者レベルの意識としては、努めて明るい職場を醸成するように努めなくちゃいけないと思うんですが、何故か職場の雰囲気が明るいことを嫌う人もとても多いんですよね。

まぁ勿論ですけど業務の遂行に支障があるような雑談ばかりの職場じゃ困りますけど、普通にね業務上の連絡ですとか情報交換は普通に楽しくやれば良いってのが当たり前の話なんですけど、何故か少しでも笑顔が社員同士でかわされることを異常に嫌う管理職の人が居るんですよねこれが。

たぶんそんな人は単に頭の中の構造や心がよじれているに違いないんですけど、一人で職場の雰囲気をわるくして自分も面白く無い表情をしているんですから人格的に問題が有るのは間違いないんですけど、こーゆー人が上司になってしまった人は不幸ですね。

私は営業職の現場や職場しかよく知らないんですけど、やっぱり営業で会社の外に出て嫌なお客も居ますし困った事を起きますし、売上目標達成が大変で仕事が嫌になったりすることもままありますけど、やっぱり職場に自分の居場所が有って仲間がいるって事が心の支えになりますからね。

まぁ心の歪んだ人間性に問題や欠陥がある上司の目から見たら、それは売れない営業マン同士が傷を舐めあってるように見えるんでしょうけど、私から言わせれば営業マン同士で競いあうだけで、売上が上がらない営業マンに対しては傷に塩をなすりつけるような職場ってのは、最低だとしか言えないんですよね。

責任者が代わった途端に急に所員が活き活きとして働き出したなんて事例はそれこそ山のように有るわけで、職場の雰囲気を暗くする上司にはさっさと退いてもらうのが結局は会社にとってプラスなんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る