スポンサードリンク

販売促進策と申請主義

随分昔に誰かに聞いたのか何かで読んだのかすら忘れてしまったんですけど、懸賞とかプレゼントに纏わるこんな話を聞いたことが有ります。

対象者100名のくじ引きでですねAの方式は100名中80人に100万円があたり20名はハズレクジで何も無し、Bの方式は必ず全員に70万円が当たる2つの方式のくじ引きが有った場合、ほぼすべての人が必ず70万円が当たるBの方式を選ぶのだそうです。

くじ引きの主催者としてはAの方式ですと懸賞金の総額は800万円でみんなが選ぶBの方式では10万円少ない700万円の負担になるので、懸賞とかプレゼントを企画実行する場合はこの辺りを考慮しましょうみたいな話だったと思います。

さて営業現場での必死の営業活動を後押しいたしましょうって事で営業企画部ですとか営業本部あたりで、販売促進策としてプレゼント企画を考えたので実行致しましょうなんて事もあると思います。

ここで言いたいのは申請主義みたいな購入した人が決められた手続きによって申請をしないと応募されませんのような類の販売促進策は、大きなメーカーで間に流通経路が有って、直接消費者の顔が見えていませんてな販売状況以外では効果が薄いのではないかと思います。

余談ですがこれも確か誰かに聞いた話ですけど、キャンペーン応募用のQRコードとエントリーナンバーが付いているものとか、応募シールを集めて郵送でプレゼントに応募するようなキャンペーンの応募率は内容にもよりますが半分行くなんてのは程遠くてせいぜい10%程度の応募になる場合が多いのだそうです。

けどこれは大手の飲料メーカーなどの販売促進策としてはこれ以外にやりようがないわけで、顔が見えないエンドユーザーが申請主義で応募してくれなくては、買ってくれた人の事を把握しようがないわけで、それ以外の方法ではベタ付けの景品プレゼントになってしまうわけで、購買心を煽る高額な景品で消費者に買ってもらう策が取れないんですからしかたがないわけです。

しかしですね、もっとユーザーに近いところで営業しているような会社が大手企業のような申請主義のキャンペーンをやっても効果が薄いといいますか、同じ予算をかけるんでしたら他に使ったほうがもっと効果的な販売促進が出来る場合が多いんですよね。

まぁそもそもプレゼント企画の王道といえば、お金を出しても変えないものがプレゼントで当たる企画ですとか、どうせ購入するものなんだから折角なので懸賞やプレゼントが貰えるあの商品に致しましょうって事で他社のシェアを奪うことが出来るような企画であり販売促進策なので有りまして、王道からそれてしまうのはどうかなって思いますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る