スポンサードリンク

早く帰れない職場の雰囲気

外部からの電話もかかってこない早朝に出社して邪魔が入らない時間帯に雑用を済ましたら、さっさと営業で外出して夕方は帰社したら必要最低限の仕事を済ませてさっさと家に帰り、翌日に回せる雑用は翌早朝に片付ける。

なんてサイクルが上手に回転すれば営業効率もアップいたしますし、何より肉体的な疲労度合いが軽減されるのでありまして、そんな行動を日常的にとっている営業マンも少なく無いと思いますが、これがまだ経験の浅い入社して数年しか経過していない営業マンが一人で実行しようとしても難しいものがありますし、中堅社員になっても上司が夜型の人だと簡単には出来ないのが実情なんですよね。

せっかく朝早くに出社して誰よりも早く営業に出かけて位置に似の仕事を終了して会社に戻って必要な事務仕事を終わらせても、なんだか社内が帰れる雰囲気じゃない、で帰ろうかどうしようか迷っていると気配を察したかのように上司が、見込み客の追求を始めてしまったり、周りを見回してもなんだか全員がパソコンに向かって仕事らしき事をしていて、誰も帰ろうとしないなんて職場も結構多いようですよね。

私の経験から言いますと営業マンが何人も同じ職場で働いていますと、中々仕事を終えて帰ろうとしない営業マンが一人はいるもので、理由としては仕事の効率が低くて処理能力に問題が有るのでやることが遅い場合とか、会社を出て家に帰っても特にやることもないし友達も居ないので何となく仕事を見つけて社内に残ってしまう人、やる気満々で仕事の虫になって熱中している人なんて人もいらっしゃいますけど、とにかく色々な理由があって何故か帰りたくない人が多数派になると、もうそれは社内の雰囲気どころか意志になってしまっている場合もあると思います。

中には営業で外出中には必ずきっかり一時間とかお昼寝をしまして夜遅くまでの社内での仕事に備えているなんて人もいるわけですが。

まぁ本人が好き好んでダラダラと社内に残っているのは勝手な話なんですけど、やっぱり肉体的な疲労が蓄積している状態では、集中力と注意力と頭の回転が要求される営業の仕事においてマイナス要素が大きく出てしまうのが長時間労働ですから、現状に合わせて自己防衛をする必要があるわけですね。

朝早く出社して仕事を済ませたら断固たる意志で職場の雰囲気を変えるつもりで先ずは自分が早く帰るとか、場合によってはお昼寝で体力を回復させるとか、出社時間を極力遅くするとか方法は色々ですけど、想像以上に営業成績と肉体の状況に相関関係があるってことを認識したほうが良いのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る