スポンサードリンク

簡単な事を難しく見せる

営業マンの仕事ってのはより多く販売かつ高く販売して多くの利益を所属する会社にもたらすことですから、時には簡単な仕事を難しく見せたり、逆にとても難しい仕事をいとも簡単にやって見せたりする演技力も必要になってくるわけです。

私がまだサラリーマン営業でパッケージソフトの開発会社にいて営業でお客様先でデモンストレーションをする時には、色々と出される難しい課題を、結構内心では汗をかきながら表情は冷静にいとも簡単にやってのけるってのが日常でした。

それから独立してパッケージソフトから受託開発の分野に移ったわけですけど、パッケージソフトを販売していた頃は難しい事を簡単にやってのける専門で良かったわけですけど、受託開発になりますと今度はそれに追加して簡単な事を難しく見せてより高い金額が提示できるように頑張るって演技の幅を広げる必要が出てきてしまったわけです。

まぁずっと長い間のサラリーマン営業経験のお陰で?難しい事を簡単に見せる方の能力が高くなって、どうも基本がそっちになってしまいまして、本当はもっと高い金額を提示しなくちゃいけないのに、そんなの弊社なら簡単ですよって赤字になるような金額で受注してしまって、後で後悔することのほうが多いですけどね。

でね思うには難しい事を簡単に見せるってのは意外と簡単でとにかく実行可能な事であれば、出来ますよそんな事簡単ですねと即答すればまぁ無事に成功するんですけど、逆の場合は結構これが難しいわけです。

つまり開発に限らずお客さんから言われた要望ですとか様々な案件について、実際に簡単な事であったら要望を出している相手も実はその事を知って上で営業マンに要望しているのかもしれませんし、もしも商談が他社と競合状態にある場合でしたら、これは簡単な事は簡単だと言っておくしか無いわけですね。

実際には手を付けてみて難しいか簡単かが初めて分かるって場合も多いんですけどね。

そんな演技力のような営業マンのスキルですけど、これってのは拡大して演技の幅を広げていきますと、実際は原価がとっても安い商品や製品をとても効果なものだとお客に思わせてより高い金額で販売するっていう、営業マンのスキルの重要なところをカバーできるようになるんですよね。

そんなわけで正直な正攻法の一本槍ってので営業に成功する場合も少なくないのですけど、使うとか使わないは別にして営業マンってのは普段から演技の幅を広げておく必要があるのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る