スポンサードリンク

メール力と営業力と営業ツール

販売力の向上になんだか良さそうなツールがあるとすぐさま導入する積極的な姿勢を見せる企業なのに、何故か上手にメールを活用できていないというか、基本的な営業ツールになっている電子メールを上手に使えない営業マンは結構多いんですよね。

現在のようにインターネットが普及していない時代から豆な営業マンといいますか、体は一つで行動できる範囲や量に制限があるのを補うために実に上手に電話を使ってお客に自分の存在をアピールしていたものです。

今でも電話上手な営業マンは存在するわけですけど、電子メールってのは実に見込み客などとコンタクトをとるツールとしていい感じなんですよね。

電話だと相手が忙しかったり来客中だった場合に迷惑をかける事になりますがメールでしたら相手の都合に合わせて見てもらえるわけですし、後々まで受信メールは残ってくれますし、受け取った相手は必要に応じて何時でも自分の都合で営業マンに変身を送ることが出来ますからね。

ですから特に法人相手の商売をしている営業マンなんてのは既存客にしても新規顧客開拓中の相手に対してももっと電子メールを活用すれば、営業効率も成約率も上がって売上に良い結果をもたらすでしょう。

ですから次々と新しい営業支援ツールを導入するとか実にお客に対して視覚的にアピールするプレゼンテーションツールを導入して営業研修を行う前にまず営業マンのメール力を高める研修をするほうが営業力が上がって売上は上がると思うのですよ。

けど実際は社内ロープレでお客との会話ですとかクロージングの練習は結構一生懸命行なっていても、お客と遣り取りをするメールの効果的な書き方みたいな研修をするような企業は非常に少ないのは何故なのでしょうね?

ここで営業マンとして効果的なメールの書き方のポイントを書いておこうと思います。

まず簡潔で非常に短いメールが望ましい場合と、逆に時間をかけてしっかり書かないと”こいつ(営業マン)は手を抜いてメールで済ませやがったな”と思われてしまう場合とケースバイケースで使い分けなくてはいけないって事です。

ですから、本日はお忙しいところ長時間お付き合いいただいてありがとうございました、だけでメールを送信しておいたほうが良い場合と、逆に本日の様々な商談内容を箇条書きにまとめてレポートにしてお届けしておいたほうが相手に喜ばれる場合をちゃんと考えてメールを作成する必要があるんですよね。

まぁ実際には簡潔に送っておけば良いのにダラダラと余計な内容を書き連ねてしまう営業マンですとか、あまりにもそっけないメール内容でお客が呆れてしまうようなメール力の足りない営業マンが多いんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る