スポンサードリンク

マニュアル人間、問題の本質

つい最近の話ですがちょっとした事がありまして先ずはその事から書いてみようと思います。

庭の草刈に使っている草刈機の燃料であるガソリンが無くなってしまったので、ガソリンの入っていた缶を持参してガソリンスタンドに出かけてガソリンを購入しようとした時の話です。

セルフ式のガソリンスタンドでお客が自分で携帯缶にガソリンを入れるのが違法なのは知っていましたので、まだ若い店員さんにお願いしたところ缶が赤くないので出来ないとの事で販売を拒否されました。

なんでもガソリン専用の赤い携帯缶じゃないと給油できないのだそうですが、私が持参した空き缶を見せてこれはねガソリンが満たされていた缶でこの中身を草刈機に入れて使うために存在しているもので、ほらここの缶に印刷してある表示を見て下さい、ガソリンと2サイクル用のエンジンオイル50:1の混合ガソリンだと書いてあるでしょ!だからこれは正真正銘ガソリンを入れるための缶なのよ・・で通じるかと思いきや一切通じない。

いやいやうちで給油できるのは赤い色をした携帯ガソリン缶だけなのだそうだ。
※私が間違っていてら問題なのでネットと電話で確認してみましたがガソリンを携帯する容器に関して素材などの規定や制限はあるものの、缶の外装の色が赤い色じゃないとダメって規定はありませんでした。

いくら説明しても納得しそうもないマニュアル人間みたいだったのでさっさと諦めで他のガソリンスタンドに移動してさっさとガソリンを購入したわけですけど、なんというかマニュアル人間の問題の本質みたいな事を考えましたね。

先ずね問題なのはその若い店員さんじゃなくてマニュアルそのものに有ると言うことです。

若い店員さんは業務に忠実な行動をとっただけでありまして、経営者から見たらそれはちゃんと業務遂行上のルールをきちんと守って仕事しているわけですから、お利口さんなわけで注意すべき問題点も無いわけですよ。

問題はですねガソリンを携帯缶に販売する場合は”赤い色をした”缶に限るとしたマニュアルにあるんですよね。

たぶん若い店員さんもこれから暑くなってきて雑草が伸びてきて草刈機の出番が増えて、スタンドに燃料であるガソリンを買いに来るお客も増えて、たぶん赤い色がついていない草刈機の燃料用の缶を持って買いに来るお客が増えてマニュアルの問題点に気が付くのでは無いかとおもいますけど、つまり問題の本質はマニュアルの中身そのものにあると言えると思いませんか?

よくそのマニュアル人間って人そのものを非難するような論調が有りますけどそれは問題の本質じゃ無いと思うのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る