スポンサードリンク

仕事の効率化、面倒なことは後回し

子供の頃から嫌なことは先に済ませてしまいなさいとか、面倒なことを先に片付けてからなんて言われていたものですけど、実際に仕事をしていて幾つもの雑用から大切な仕事まで色々と同時並行で重なってきますと、面倒なことを後回しにする事が結構仕事の効率化につながったりします。

もちろん私のような零細企業の場合にお客さんと約束した日時を守れないだとか、やることが遅いとか思われますと後々の受注に響いてきて営業的にダメージを受けますので、その辺りはちゃんと抑えた上での話です。

ある日の朝の段階での私の本日のToDoリスト
・電話しなくちゃいけない件数 2
・見積もり、提案書 1件
・サイト修正依頼処理 1件
・parlの修正 1件
その他に途中で電話が入ってきて突発的になにか雑用が発生したりするわけですけど、上から順に仕事が難しくなってきて時間がかかる仕事になるわけです。

最後のPerlの修正はどのくらい時間がかかるのか曖昧で1時間から2時間も有れば出来そうで、難易度的に本日のメインイベントって感じなんですけど、これは内容を確認したらさっさと後回しにして、簡単に片付いてしまう項目から順次処理していきます。

先ずですね仕事を抱え込んでプレッシャーを感じる要素ってのは、抱えている仕事の件数とその難易度や重要度の複合で決まってくるわけですけど、まずは件数を減らすって事で心理的なプレッシャーを軽減させることにしています。

これは気持ちの問題なんですけど時間のかかる面倒な仕事に先に手を付けてしまいますと、やっている最中にあぁアレもやんなくちゃ!これも未だ手を付けていないetcetcといろいろと余計な事が脳裏に出てきて良くないのですよ。

そんなわけで簡単な直ぐに一件落着する項目から順次処理をしていくわけですけど、この場合はToDoリストからどんどん項目が処理済みとして消えていきますから精神衛生上とても気持ちが良いんですね。

まぁ電子ゲームの世界でも最初のうちは雑魚キャラから倒していって最後にボスキャラを相手にするものだと相場が決まっていて、始めた直後に最強のボスキャラが出てきてしまったら、ゲームが成り立ちませんからね。

それとですね思うのですが人間の頭脳ってのは見えないマルチタスク機能があると確信しているんですよ。

面倒な仕事をざっと頭に入れて簡単な仕事や雑用から処理をしていく間に、全然私の意識に感じないところで頭の片隅がね健気に解決策を模索したりして居るようで、結構面倒だと思っていた仕事が簡単な項目を片付けてから着手したら、意外と良い解決策が出てきて素早く終わりましたなんてことが一度や二度では無いのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る