スポンサードリンク

パワポ依存の弊害

とにかく資料は必要最低限しか持参しないでもっぱら出たとこ勝負の仕事師のような営業マンが居たかと思えば、客先で営業をしているんだかパワーポイントを最初から最後まで読み上げているだけのような、何をしにきているんだか営業活動なのかパワーポイントの朗読なのかよくわからない営業マンもいらっしゃいますね。

別にパワーポイントを一切否定するわけじゃないんですけど、営業マンがやってきておもむろにパワーポイントで作成した資料を広げまして最初から最後まで説明を終えるまでお客は一切口を挟めませんし、だいたいパワーポイントを使わなければ3分で終わる説明に10分かかるような使い方はお客だって忙しいので使い方を間違ってはいけないと思うのです。

つまり営業マンが直接面談しないで資料を送付する場合と、営業マンがしゃべりを交える場合とでは中身が同じ資料であっても、使い方はかなり違うのが望ましいと思うのです。

つまり面談しているんですから営業マンは自分の言葉で相手のペースに合わせて話をするだとか、ここは既に商談相手も十分理解しているところなので割愛してしまって、パワーポイントを使うのは口では説明が難しい図解したグラフなどを効果的に使うって感じでしょうね。

営業マンが理解していなくてはいけないのは、客先に訪問して説明をするとか商談をする主役はあくまで営業マン自身であって、同席する?パワーポイントなどの資料は主役を引き立てるための脇役だって事だと思います。

はい、こーなんですよ、あーなんですよ、これを図解したものはこちらになります! お~そうかみたいな感じでしょうか?

ここからは完全に個人的な主観ですけど私が社会に出た頃はまだワープロさえ世に出ていなくて、提案書はおろか見積書も伝票も全て手書きの状態で営業マンが持参するものといえば、あれば印刷された会社案内ですとかメーカーのカタログやパンフレットの類程度で、お陰で社内で資料を作成する時間は今と比べて非常に短かったと思います。

それから企業にワープロが導入されるようになりましたが、営業マンは使えなくて一台のワープロを事務員さんですとか当時は高給取りの派遣社員さんに手書きの原稿を渡して打ってもらっていた時代も有りましたね。

そして時は流れて現在では営業マン一人に一台のパソコンは当たり前になって、綺麗でカラフルな資料が誰でも作成できるようになったわけですけど、では営業力がその分だけアップしたかと聞かれましたら、それはどうかなってのが実感ですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る