スポンサードリンク

事象が連鎖する原因

アンラッキーつまりついていない事があったり不幸な事に遭遇すると何故か立て続けに同様の事象が身の回りに起きたり、ツイている時ってのは向こうから勝手に幸福が舞い込んでくるような事がありまして、こりゃ何か私の知らないところで裏でつながって居るのではないかと疑いたくなるような事はありませんか?

営業をしていると外部の状況に成績が左右されるような事が非常に多いわけですけど、この営業の仕事の上でも事象が連鎖するって体験は非常に多いのです。

例えばね商談をして見積を出してお客からの決定の連絡を待っている状況は数多いんですけど、見積をあちこちに出してどこからも決定の連絡が来ない時は別にお客の間で連絡を取っているわけでも無いのに、みんな結論を先延ばしにしていて全然決まらない。

逆に何処かの見積もり提出先が見積もり通りにお願いしますと連絡があると一両日で他のお客からも次々に同様の連絡があるとか。

どこか特定の業界、例えば製造業の人から引き合いが入ってきたら数日の間に同じような業種の人から導入の問合せが来たりと、営業の現場でも何か事柄や事象が連鎖しているような気がします。

さてこのような事象の原因を考えてみたいと思いますが、抽象的な話ですが人は一人ひとりに何か発信機みたいなものが有って、それが周りの人や目に見えない遠いところにいる人に影響を与えたり逆に影響されたりしていて、それは人の感情だけじゃなくて様々な事象にまで影響が出ているような気がするんですね。

昔から日本では時の政権に問題があると大きな天災に見舞われるという言い伝えいや事実かなが有りますけど、これは多くの人びとの潜在的な意識が大きな力になってそんな自然災害を呼び込んでいるのでは無いでしょうか?

ここで話を現実的な仕事の話に以降致しますが、営業マンの心の状態とか意識の持ち方が売上っていう結果に大きな違いが出てきますよね。

あぁ今日もどうせ売れないだろうななんて消極的な気持ちが心の中にあると、やっぱり売れないで手ぶらで会社に戻ることになりますし、おっとあちこちで私から商品を買いたいと思っているお客が沢山待っているから頑張らなくちゃなんて心底思って営業に出かけている人はやっぱり結果が伴うんですね。

ですから営業の仕事ってのは気持ちの状態やモチベーションの有無が違う意味でとっても重要ですし、その営業マンを束ねる管理職の仕事ってのはスキルや売るためのノウハウを教えること以上に、営業マンの気持ちをハイな状態に持って行くことがとっても重要な仕事になってくるわけです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る