スポンサードリンク

採用基準は第一印象

国の税金で運営されている公共機関の採用は公明正大じゃなくてはいけませんが民間企業の場合においての採用基準は経営者の考え方が反映されてしかるべきですし、実情もそうなっています。

会社を発展させるのも社員ですしまた傾いてしまう原因も又、社員の総力なのでありまして最も会社にとって有益な社員を採用したいと思うのは経営者として当然のことで、その採用基準も独自のものであるのは当然ですね。

上場企業などでは表向きは全ての人に筆記試験と面接で平等に採用のチャンスがあるように公表していますけど、実際は縁故採用も普通に有りますし採用官の個人的な直感で採用の可否を決めているのは否めないと思いますが、これはこれでちゃんとした理由もあるんですよね。

まず批判が多い縁故採用なんですけど、これは誰かの親族だったりしてコネ入社した人ってのは真面目に働かないと入社の手引をしてくれた人に迷惑がかかりますし、何らかの理由で会社を首になってその会社と縁が切れても親族っていう縁故は断ち切れませんから、やっぱり自分の今後の人生を考えると、まっとうに働くモチベーションになるって考え方から縁故採用を積極的に行うって経営者の考え方は理にかなっているわけですよ。

営業社員の採用についても第一印象を有力視する企業や採用担当者が多いと思いますけど、そりゃ当然の話しで第一印象が良い人ってのは営業マンになって客先に営業をする場合に非常に有利に働きますから、この採用基準も理にかなっているわけです。

第一印象のついでに顔で選ぶって事についても書いておきますが、顔で選考基準にしているとは誰も言いませんけど実際には多いと思います。

多分コレは否定する人が居ないのでは無いかと思いますが、目つきの怪しい人はやっぱり心に問題がある人ですし、アホっぽい顔や表情をしている人ってのはやっぱり中身もそれに準じていると思って間違いないと思いますしと、なんだかんだ言っても中身ってのは顔や表情に出るもので、それを選考基準にしない手は無いんですね。

他に思想信条についてですけど、一応は採用審査に関して思想信条や本人以外の例えば親の事なんかで採用を決めてはダメな事になっているわけですけど、これも例えばですねしょーもない事ですけどプロ野球のどの球団のファンか?で決めるのも有りだと思うんですよ。

社長以下全員が熱烈な阪神タイガースファンな職場に熱狂的な巨人ファンを入れた場合に生じる可能性がある軋轢を予め排除しておくなんてのも、経営判断として有りなんですね。

なにせ人は感情を持った動物でそんな人が集まって企業を形成しているわけですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る