スポンサードリンク

新・営業マンの三種の神器

確か十年以上前に同じようなコラムを書いたような気がいたしますが、時代も随分と変わったことなので再び営業マンの三種の神器について考えてみたいと思います。

もともと三種の神器とは古代の日本において三種類揃えると無敵の力を発揮する、重要アイテムで鏡、勾玉(まがたま)・剣(つるぎ)をさしたわけですけど、たぶんロールプレイングゲームなんかでも似たような設定は随分有るでしょうね。

さてその昔、営業マンの三種の神器と言えば、名刺、手帳(含む住所録)、営業カバンで有りまして、とにかく営業の世界に飛び込んで仕事をするためには最低限これは無くては仕事にならない必須のツールだったわけですけど、ずーと時代が移り変わってきまして今やこれを三種の神器と呼ぶ人は居ないでしょうね。

余談ですが一時期、シャープのザウルスが出てきまして営業マンの間で電子手帳が少しブームになった事がありまして、もしかしたらこの電子手帳が必須になってきて三種の神器に昇格するかと思われた時期もありますけど、いまやすっかり見る影もなくザウルスは生産中止になっちゃいましたしね。

では現代の営業マンの三種の神器について考えてみたいと思いますが、手帳・携帯電話・パソコンになるのではないでしょうか?

手帳については外回りの営業が始まった頃からのエントリーですが、客先での商談中に重要点をメモするとか本日のスケジュールだとかとにかくこれが無くちゃ仕事が始まらないって人が今も圧倒的大多数なのでありまして、最近ではスマートフォンに置き換えている営業マンも増えては着ていますけど、通信費はかかるしさっと取り出してスケジュールを確認したりメモをとったりする時に紙の手帳のスピードにはかなわないわけで、やっぱりスマートフォンは紙の手帳には勝てないと思います。

それとねコレは普通に外回りの営業を経験しないとわからないんですけど、特に夏場なんか日差しが強い炎天下でスマートフォンの画面を見ようと思っても眩しさで画面が良く見えないなんて事になってイライラしちゃったりするんですよね。

次の携帯電話に関しては異論はないでしょう、過去に色々出てきた営業ツールの中で最も営業効率のアップに役立ったツールだと思います。

最後はパソコンかな?まぁパソコンなんて使わなくても十分に営業活動が可能な場合もありまして、こちらに関しては仮のエントリーで様子見って事にしておきましょうか。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る