スポンサードリンク

お客の取扱説明書(顧客ファイル)

それは商売の概念が始まった遥か昔から存在しているのでありますが、多くの場合のそれは口伝によるもので顧客台帳と言われる秘密のファイルを秘蔵している所は少ないのですが営業マンにとっては重要な機密書類になります。

A社の社長は服装や言葉使いにうるさいので営業マンは訪問する際に十分に注意することですとか、あの会社は課長よりも社長の親族の主任のほうが権限を持っていて決定力が有るので商談をする際には必ず課長と一緒に主任も同席してもらうように心がける事とか、あの社長はかなりいい加減なので重要な事は必ず書面にしてサインを貰っておかないと後になって聞いていないとか言い出してトラブルに発展した事例が有るので十分に注意が必要とかいったお客に関する情報は営業活動を遂行するにおいて非常に重要な事なんですけど、結構軽く見られている場合が多いと思いませんか?

一応そういった類の情報は営業マンが転勤などで担当者が変わる際に引き継ぎ事項として簡単に口頭で説明して終わりとか、営業責任者が一応把握をしていて部下の営業社員に対して必要に応じて、これもまた口頭で注意を促すって感じが多いんですよね。

けどあなたが営業マンとして働いていて既存客への商売が多くて担当者地域や顧客の変更が数年ごとに行われるような場合でしたら、この手の情報ってのはかなり欲しくないですか?

もちろん変な先入観を持ってお客の所に出かけて行って営業活動を行う時にデメリットが生じる可能性もまた否定出来ないわけですけど、特に営業に関わりのある取引先担当者の個人的な事から始まって取引先の危険スポットみたいな情報はとても重宝するんですよね。

けどその手の情報が外部に漏れてしまったら取り返しの付かないほどの信用問題に発展してしまう可能性が高いので、基本的には普段は担当の営業社員だとか誰かの頭の中に入っていて、必要に応じて口伝により情報を伝えるって感じになってしまうわけですよ。

けど固定客相手のルート営業の営業力の源泉の一つがそんな情報だったりするわけで、老舗の商社なんかではこっそりと一部の社員しか知らない秘密のファイルが存在居していたりするんですねこれが。

まぁ中には顧客の社名と住所や電話番号と担当者の姓名を書いただけの台帳を称して顧客台帳だとか呼んでいる企業も少なくないようですけど、そんなものは単なる住所録に毛が生えた程度の物でしかないわけで価値としては低いわけですよ。

もし情報管理がしっかり出来るのであれば営業力アップに直接つながるお客の取扱説明書みたいなものを作っても少なくとも損はないと思うのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る