スポンサードリンク

私利私欲とモチベーションアップや維持

人の心の中は覗けませんけどたぶん全員が程度の差があっても私利私欲を持ち合わせていまして、多くの人からあの人は私利私欲がないと思われている人は既に成功を収めてこれ以上の私利私欲が必要ないだけだったり致します。

さて働くのに別に動機が必要ないと言う人もいらっしゃいますけど、特に働いた結果がダイレクトに給料や昇進に直結するような営業の仕事に従事する人は、やっぱり人並み以上に私利私欲を持っていないとダメなんじゃないかなって思います。

一般的に私利私欲という言葉は良い使われ方をしませんし、世間一般の言葉からのイメージも良いものじゃないんですけど、この私利私欲が正しい方向に作用すれば、本人やまた周囲の人間にも良い結果をもたらしますし、間違った方向に暴走してしまえば、破滅の道への一里塚みたいな感じになってしまうんですよね。

例えばですね企業で働く現場の営業マンが、もっと給料が欲しいだとか出世したいと願ったならば、やっぱり仕事に邁進致しまして目標達成や人一倍の営業成績を上げるしかまっとうな方法は無いので有りまして、もしそれが実現したら本人も希望が叶いますし家族も良い生活が出来るようになりますし、会社のみんなも会社の業績が上がって誰もがハッピーなんですよね。

しかしこれが間違った方向に進んじゃう場合もあるのでして、本人が仕事に邁進して営業成績を上げる事に進まないで、例えば上司や同僚の足を引っ張る事で、自分が上に行こうとしたり後先考えないでむちゃくちゃな売り方をして一時的に売り上げトップの座についても、結局は本人の評判や信用を落としてしまったり、クレーム対応に追われることになって、まことに悲しい方向に進んでしまうわけですね。

つかり・・と言うか何故か頭にスターウォーズ(ジョージ・ルーカスの映画)が頭に浮かんでフォースって力がなんだか聞こえてきてしまいました。

つまり私利私欲の力ってのはフォースの力みたいなもので、正しい方向に使えば宇宙を平和に導くことができるけど、アナキン・スカイウォーカーのように、間違った方向にフォースの力を使ってしまいますと暗黒面に落ちてダースベイダーのような人になってしまって、最後にはルーク・スカイウォーカーにやられてしまうなんて感じでは無いでしょうかね?

まぁそんなわけで私利私欲ってのは隠していてもやっぱり誰もが持ち合わせているってのはみんな知っているんですから、やっぱり必要なのは正しい方向に正しく使うって事が肝心なんですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る