スポンサードリンク

ブランドの消滅事例

街を車で走っていたら久しぶりにホンダのシビックにお目にかかったのですが、そういえばとても世の中に定着していたビッグなブランドが途中の営業戦略の失敗によって消滅しちゃうことって大きなメーカーでも有りますよね。

私が初めて購入した車がホンダのシビック3ドアハッチバックだったんですけど、基本的に大衆がシビックに抱くイメージってのは、あくまでもエントリーカーと言いますか大衆車でしか無かったわけです。

大衆車と言っても優れたコストパフォーマンスで販売台数を伸ばして、ブランドをかなり世間に定着させましてホンダの代表車でもあり、たぶん同じくらいのブランド浸透率を作りあげようとしたら10年じゃ無理でしょうね。

そんなシビックが日本では販売されなくなってしまったわけですが、この失敗の原因はハッキリ言ってせっかく人々に愛される大衆車としてのブランドを確立したのに、車体もエンジンも無駄に大きく致しまして3ナンバーの高級車に仕立てあげようとして失敗したわけですよね。

だってエントリーカーに乗っていた人が収入も上がって上のランクの車に乗り換えようと考えた時に、あまりにも大衆車としてのブランドが確立してしまっている車は買わないでしょう。

いくら規格が3ナンバー車にになって値段も高級車になったとしても、世間一般のシビックに抱く車のイメージはあくまで大衆車なので、例えば社長さんは車は何に乗っているの?

はいシビックに乗っています。

会社の社長さんなのにシビックなんて大衆車に乗って庶民的ですねって感じになってしまいますからね。

たぶんカローラセダンが消滅したのも全く同じ理由だと思いませんか?

カローラといえば誰がどう考えても年が未だ若い夫婦の家庭向けファミリーカーの代名詞なんですから、下手に助平根性を出して高級路線に走ってはダメだと思いませんか?

でまぁシビックにしてもカローラにしても高級車に格上げしてしまった穴は新しい車種の投入で埋めてしまっていますから、後になってダウンスケールして大衆車に戻すわけにもいかず、結局は中途半端な高級車になって売上低迷でブランドが消滅してしまったわけですよ。

まぁどんなブランドであってもブランドが確立するまでに長い歳月をかけて世間に浸透させているんですから、同じように長い歳月をかけて出来ない限りは路線変更はしてはいけないのです。

消失は結構簡単だけど確立するのはとても大変なのがブランドイメージですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る