スポンサードリンク

営業マンは食わねど高楊枝

経営者は言うに及ばない話ですけどお客に直接接触する営業マンは武士は食わねど高楊枝の如く振る舞う必要が有りますよね?

具体的に言いますとどんなに売上が上がらないダメ営業マンであっても客先に訪問している最中は、そんな素振りを見せてはいけないのでありまして、そりゃ商談相手だって社内でお荷物になっているような社員から物は買いたくありませんからね。

更にもっと切実な状況でしたら、今月も赤字になるようなら会社は倒産しちゃうなんて相当危機的な経営状況での背水の陣みたいな営業活動でもね、やっぱりそれをお客に感じさせては売れるものも売れないので有りまして、表面上だけは売上はちゃんと上がっていて会社は安定的に経営をしていますよって見せることが大切ですよね。

つまり営業マンがお客(商談相手)を見ている以上にお客だって営業マンを観察しているのでありまして、特に高額商品ですとか固有の開発製品なんてものを購入する場合は、製品の良し悪し以上に、開発発売している企業の状況を気にしますからね。

そういえば私がサラリーマンだった頃にとあるシステムの開発をしているベンチャー企業の経営者の方が、なにかのツテを頼りにコンタクトを取ってきまして、営業マンを集めて製品の説明会をやらせてくれと来まして、製品の説明会を社内で行なった事がありました。

当日はそのベンチャー企業の経営者の方と営業担当者がやってきてプレゼンテーションをしたのですけど、どうも来ている背広が着たきり雀なんだか知りませんけど、裾のあたりが擦り切れている状態だったりどう見てもわびしい状況だったんですよね。

私はというか勉強会に参加していた他の同僚営業マンも同じ気持だったと思いますけど、どうも説明しているシステムの事よりも擦り切れている背広のほうが気になってしまいましたし、結局は説明会をやっただけで誰もその後になにかコンタクトを取ったりしませんでしたから、やっぱり身なりから経営の状況を感じ取りまして、取引を敬遠したんだと思います。

システムの内容はよく覚えていないんですけど、もしその時やってきた経営者の方が隙のない身なりで勉強会に出てきたら、もしかしたらみんなシステム内容の説明を集中して聞いてくれて、その後の取引開始に道が開けたかもしれないんですから、とても勿体ないことをしたと思います。

基本的に営業マンと売り込む商品はセットで考えられて、その為には心得として営業マンは食わねど高楊枝が必要だと思います。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国会議員の借金と選挙の問題
  2. クロージングのタイミング
  3. 消えた営業渡り鳥
  4. マニュアル人間
  5. 転職先を考える
  6. 採用基準は第一印象
  7. 事象が連鎖する原因
  8. 面倒なことは後回し
  9. 人手不足は営業現場に
  10. 体臭対策の方法
  11. 代理店の立ち位置
  12. モチベーションアップ
  13. 営業と逃げ足の早さ
  14. 人の心を読む方法(営業心理学)
  15. 自分を買ってもらう
  16. パワポ依存
  17. 雨の日の外回りの営業活動
  18. 簡単な事を難しく見せる
  19. 在庫処分と消費者心理
  20. ブランドの消滅事例
  21. ワンマン社長の限界と可能性
  22. 燃え尽き症候群対策
  23. メール力と営業力
  24. クレーム予防策
  25. お客のサインと虫の知らせ
  26. 商談成功、成約の第一歩
  27. 厳しくなったリース与信
  28. 個人の営業力に頼らない販売
  29. 営業力と上手な御為ごかし
  30. 販売促進策と申請主義
  31. 社内営業活動とマナー
  32. 販売促進事例
  33. 営業活動は必ず履歴や足跡を残す事
  34. ポジティブシンキング
  35. お客の取扱説明書
  36. 営業活動と諜報活動
  37. 職場の雰囲気と売上
  38. お客様至上主義の本質
  39. 早く帰れない
  40. 接待営業と場所の問題
  41. 販売促進と口コミ
  42. 社内派閥に属さない人
  43. 営業マンは食わねど高楊枝
  44. 仕事を遊びにできるか?
  45. 営業マンの三種の神器
  46. 営業マンが頑張る動機
  47. 時には
  48. 営業報奨金の使い道
  49. マイナスの経済効果

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る